「ヨガジャーナル日本版で連載スタート!」

yoga0604「yoga journal」といえば、モデルで敬虔なるヨギーニ(ヨガ愛好家の女性名詞。男性名詞はヨギ)であるクリスティン・ターリントンが創 刊したアメリカのヨガ雑誌だけど、まんず海外旅行に出掛けるたんび、空港で買っていたものだから、それの日本版が昨年出たときは、ほんとに嬉しかった。私 もヨガ愛好家歴十年だけど、ヨガはやればやるほど、好きになる。映画愛好家と同じで、淀川さん風に、「いや~、ヨガっていいですねぇ」と、ヨガ愛好家同士 ではもう理屈じゃなく、微笑み合いたくなる。だから去年夏、ヨガジャーナルでバリ島のヨ ガ・スタジオを取材できたときは、いい旅夢気分でした(笑)。去年までは季刊だったこの雑誌、この第五号からは奇数月刊になり、私の連載「だからヨガはやめられない」も始まりました。日本を代表するヨガ・ティーチャー、ケン・ハラクマ氏と、日本のクリスティン・ターリントンかっちゅーくらいのSHIHOの連載と肩を並べての登場だからずーずーしいっちゃずーずーしいが、扱 いも実にオマケっぽいからそこはご愛嬌ということで(ほんとに最後の最後にちっちゃく載ってるから、見逃さないように気をつけて)。今回はネパール直輸入 の「ニーマルヨガ」にて、写真のヨギック・マッサージを受けて来ました。詳細はヨガジャでご一読。次回は吉祥寺のラフター・ヨガ(笑うヨガ)を体験予定。毎回いろんなヨガを体験できるのでわくわくが止まりませ~ん

「ヨガジャーナル日本版で連載スタート!」

「林さんの新居風水鑑定!」

関連記事

  1. 「ウリとトコ川遊び」

    親友トコが福生に引っ越してから嵌っている川遊びに、ウリもジョインしました!川の水は結構冷たかっ…

  2. 「コー❤コントラクト」

     まず骨盤底筋を引き挙げて、おなかを引きしめたまま肋骨を膨らませるようにしてするピラティス呼吸法は、…

  3. 学校の中の渓谷

    これは渓谷にかかる橋。学校の中に渓谷があるんですわ。畑もライステラスもあり、オーガニックで作った(生…

  4. 「窓の裏表を拭き合う男女」

    窓の曇りが裏か表かでそっちだあっちだと笑い合う男女。うーん、いい光景でした。ガラスと同時に、心の曇り…

  5. 「参加者全員で記念撮影」

     講師半分、参加者半分というこぢんまりしたリトリートでしたが、それだけにリトリートとしてはばっちり…

  6. 結ってもらいました

    帯はつけ帯なのでラクラク。髪は「ロライマ」の石川知美さん(ウリが初めて髪の毛切ってもらった人)に結っ…

  7. 特に踊れる必要はありません

    これは輪になって、一人一人、順番に中に入って踊るタイム。コミュニティとのつながりを感じる、祭りっぽい…

  8. 「ウリ、七歳になりました」

    今年はジャスト誕生日が土曜日だったので、サタデースクールのあと駒沢公園でバースデー・ピクニックを…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP