「ヨガジャーナル日本版で連載スタート!」

yoga0604 「yoga journal」といえば、モデルで敬虔なるヨギーニ(ヨガ愛好家の女性名詞。男性名詞はヨギ)であるクリスティン・ターリントンが創刊したアメリカのヨガ雑誌だけど、まんず海外旅行に出掛けるたんび、空港で買っていたものだから、それの日本版が昨年出たときは、ほんとに嬉しかった。私もヨガ愛好家歴十年だけど、ヨガはやればやるほど、好きになる。映画愛好家と同じで、淀川さん風に、「いや~、ヨガっていいですねぇ」と、ヨガ愛好家同士ではもう理屈じゃなく、微笑み合いたくなる。だから去年夏、ヨガジャーナルでバリ島のヨ

ガ・スタジオを取材できたときは、いい旅夢気分でした(笑)。去年までは季刊だったこの雑誌、この第五号からは奇数月刊になり、私の連載「だからヨガはやめられない」も始まりました。日本を代表するヨガ・ティーチャー、ケン・ハラクマ氏と、日本のクリスティン・ターリントンかっちゅーくらいのSHIHOの連載と肩を並べての登場だからずーずーしいっちゃずーずーしいが、扱いも実にオマケっぽいからそこはご愛嬌ということで(ほんとに最後の最後にちっちゃく載ってるから、見逃さないように気をつけて)。今回はネパール直輸入の「ニーマルヨガ」にて、写真のヨギック・マッサージを受けて来ました。詳細はヨガジャでご一読。次回は吉祥寺のラフター・ヨガ(笑うヨガ)を体験予定。毎回いろんなヨガを体験できるのでわくわくが止まりませ~ん。

いよいよ開催 パステルシャインアート

「ヨガジャーナル日本版で連載スタート!」

関連記事

  1. 「フェリー乗り場までロープウェイで」

    帰りはフェリー乗り場までロープウェイで下りました。グリンちゃんたちはもう何度も着ているから横森fam…

  2. 「調圧ルーム」

     飛行機が上がったり下がったりするぐらいの気圧を、ワンセッション(1500円)五十分で何度も繰り返し…

  3. カフェテリア

    ここがカフェテリアで、サトウキビとかココナッツジュースなどの自然派スナックが売られています。…

  4. 咲き誇る花

    ここは世田谷区野沢。日経ヘルス「プルミエ」の取材で、あるお寺に行ってきました。座禅の体験取材です。…

  5. 自然博物館

    「自然博物館」これはサルスの敷地内にある自然博物館。地元の子供たちの教育のため建てたもので、南米…

  6. 「横森式早起き本、文庫化出来!」

    2007年に出版された『開運生活! カラダとココロの早起き術』から早五年、文庫化に当たって、書きなお…

  7. 「リアルモスク」

     アラブ人街のモスク。本物よ~。シンガポールはほんとにいろんな文化が狭いところにひしめいているから、…

  8. 「阿部ちゃん改造計画・夏のご報告」

    ロータスの阿部ちゃん改造計画では、夏合宿の際、ビーチで水着撮影をするお約束でしたので、悪天候にも関わ…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP