コズミック・ダイアリーの精神を学ぶ中級講座①

20080531_051855またまた桜井ちゃー先生をお招きして、五時間にも及ぶ13の月の暦の勉強会中級篇を受けました。中級は三回あり、第二回、第三回は六時間なんだって! 五時間でも、途中で約二名居眠りをこく、という自体発生。特にマヤの叡智を数字学的に立証してこのカレンダーを作り提唱しているホゼ博士の話は学者のものだけに難しく、ついつい・・・。
でも、ちゃー先生の話は相変わらず分かりやすかった。以下、抜粋して大切なところだけお伝えしますね。

○一ヶ月28日、一年13ヶ月の暦で生活する目的は、「自然回帰」である。なぜなら、いま私たちが使っているグレゴリオ暦=十二ヶ月の暦は超不自然であり、一日二十四時間という時間に縛られている。これはミヒャエル・エンデの「モモ」にも描かれているよう、生産性をあげるため権力者により管理された時間であり、搾取される側からすると、ストレスを感じ自分を見失う暦。それによって日本も経済大国になったわけだけど、多くの人が不調を抱え、不幸感にさいなまれているのはそのせい。生物として自然のリズムを取り戻すために、十三ヶ月のカレンダーを使う。

→そうするとシンクロニシティ(偶然の一致)もばんばん起こる様になる。私の場合も、三ヶ月前に初級講座を受けてコズミック・カレンダーをつけるようになってから、「自然回帰」の方向に物凄い勢いで生活が変わっているし、今回の日程も、みんなで適当に決めたのに、「水晶の月」の”お一日”だった!

○自然を身近に生活し、自分も自然の一部であると感じられることが大切。一日二十四時間の時計、一年十二ヶ月の暦にコントロールされた今までの価値観は、結果重視で生産性重視。それを達成できない者は価値がないとされ、自分自身でもそう感じて落ち込んでしまう。でも、本来、人間というのは生まれて来ただけで価値があり(なぜならこの世の生きとし生けるものは全て、宇宙の壮大なオーダーによって作られたものだから)、それぞれの成長の道のりこそが重要、結果ではない。

→Time is Art.一人一人が「世界にひとつの花である」と自覚し、自分自身を芸術作品だと思って、一生をかけて制作に挑むこと。時間は本来、誰かに管理されるものではなく、人の心に属するものである。

○「おかげさま」感覚が大切。これは、日本人がもともと持っていたOneness感覚で、すべては繋がっていて、宇宙、太陽、月、地球、地球の自然、生きとし生けるもののすべてのおかげで、自分が生かされていて、今がある、ということ。それが当たり前のように分かっていた日本人。実は、世界ではもう五千年前に十二ヶ月の暦は完成されていて、先進国ではとっとと使われていたが、日本にそれが導入されたのはたった130年前。だから、まだ私たち世代の記憶にはあるおばあちゃん世代の感覚は、いま取り戻そうと思ったら日本人には簡単!

→日本は130前から人工的な周波数に管理され始めた。それで物質的には豊かになったけど、精神的豊かさを失ってしまった。現代人は時間に追われ、自分を見失い、壊れている。生産性を上げ、営利を目的に、自然環境だけでなく、自分たちも壊してしまったのじゃっ。人間が精神的豊かさを取り戻し、地球環境を修復するキーは、「おかげさまで」感覚を思い出すことにある!

○自分らしく生き生きと生きるには、「自然回帰」がポイント! 太陽と月、昼と夜、季節のめぐりを意識・体感し、自然と戯れて過ごしましょう!

とはいってもね、私だって旧来の価値観との間で揺れている。物質社会から精神社会へ移行すると言われている2013年に向かって、急激に引っ張られているぶん、揺れ戻しも激しい。今年はその狭間で自分自身が喧々諤々とするだろう。人には共通意識があるから、きっとそういう人が多いと思う。村山さんも「今年はジェットコースターのような年。だから、びくびくしないでそれを楽しんじゃいましょう!」と言っていた。ちゃー先生は、コズミック・カレンダーでは今年もあと二ヶ月なので、来年に向けて物事が急速な変化を遂げるはずだから、何が起こっても落ち着いて、「ああ、新しい年に向けて準備しているんだな」と思うこと、と言っていた。

テネイシャスD

ウリの初陶芸

関連記事

  1. 「みんなでエールを送る!」

    臨月の妊婦を迎えて、ロータスのメンバーは心浮き立ってしまったのです。まさに、中西さんは今回の合宿のス…

  2. 行く猫、来る猫

    我家のニューフェイス、パンダちゃんでーす。エキゾチックロングヘアー四カ月。十八年半という長寿でこ…

  3. 「ビーチで朝散歩」

     ヌサドゥアに行ったのは超久しぶりでしたが、ここのビーチを見てびっくり! なんと二十五年前、初めてバ…

  4. 「タイで象に乗る」

    タイ観光ガイドにはエレファント・トレックが必ず載っているけど、まさか自分がほんとに乗るとは思っていま…

  5. おめでたい話題

    二年前、長野で女道セミナー四回やらせていただきました。その際、四十歳・独身女子、親から見合いを勧…

  6. アマゾン闘病記カテゴリー1位!

    去年三回入院した婦人病の体験ルポが、発売当初アマゾンの「闘病記」ランキングで一位になりました!発…

  7. 「Jr.DeeとシニアDee」

     ほんで日曜も義弟が歌うっつーんで代々木公園のジャマイカン・フェスに(汗っ)。ロータスではHa…

  8. ゴールドコースト訪問

    ゴールドコーストの知人宅に今年も遊びに行きました。夜のBBQの材料を購入しに近所のマーケットをに…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP