テネイシャスD

20080529_084434私は写真の左の人、ジャック・ブラックのファンなのだが、この映画を見るまで、すごい芸達者で歌の上手い俳優さんだと思っていた。映画『ハイ・フィデリティ』でも、一躍有名になった『スクー・オブ・ロック』でも、熱狂的音楽ファンでロック魂の熱い奴、という役どころだったけど(『ホリデー』では雰囲気のある作曲家の役)、実は「テネイシャスD」とは、写真の二人組、実在するもともとのロックバン
ドだったのだ!
その結成実話(?)みたいな映画なのだが、オッサン二人が熱く演じていることが既に面白過ぎる。さらに田舎の厳格な父役をミート・ローフが(ミート・ローフもおじいさんになった!)、ポスターから歌いかけるカリスマロックスターがディオ(本物のヘビメタロックスター、でも既におじいさん!)、アンティーク・ギター屋のクレイジーな店主をベン・ステイラーが(プロディーサーも勤めている)、”運命のピック”をロック博物館に盗みに行く際、水先案内人となる怪しい男をティム・ロビンスが演じるという、私たち世代のロックファン、映画ファンならたまらない出演陣。
ロックオペラ仕立てになっていて、このテンションの高さと内容のばかばかしさ(ドリフ級のギャグ映画だ!)、グラフィックの美しさは興奮をそそる。
ま、趣味の映画ですけどね。十代の頃「ロッキー・ホラー・ショー」なんか大好きだった中年にはおすすめですよ(笑)。七月全国ロードショーだそうです。

咲き誇る花

コズミック・ダイアリーの精神を学ぶ中級講座①

関連記事

  1. 「ボンジョルノ世田谷!」

    FM世田谷83.4MHZで「ボンジョルノ世田谷」の収録をして来ました。オンエアーは鬼が笑う来年の1/…

  2. 「今年のバレンタインデー」

    今年のバレンタインデーは、チョコレートクルーズしてみると、まだまだ見たことも食べたこともない商品が目…

  3. 「新刊が夕刊フジで紹介されました」

    新刊『もしかして、更年期!?』が2/24日の夕刊フジで紹介されました。アラフォーの方々には、「ち…

  4. だるまちゃんリンゴ

    絵本『だるまちゃんとうさぎちゃん』に、ウサギリンゴとだるまちゃんリンゴの作り方が書いてあって、さっそ…

  5. 「横森理香の大人女子のための幸せ感を高める、ちょっといいお話」

    ◆東急セミナーBE二子玉川 新春!スペシャル講座!~お電話予約、WEB申込開始中!!~「横森理…

  6. 「霧が立ち込めるラホヤの朝」

    今回、ビーチには朝晩霧が立ち込め、幻想的な風情を味わえました。海もかなり荒れていて、朝散歩も寒かった…

  7. サイパン

    ウリ撮影のバカ親。年取った夫婦なので、疲れ知らずの娘には勝手に遊ばせといて、ごろんごろんしていました…

  8. 飼い猫の事故、失踪を免れるために

    今朝、うちのパンダ君がベランダから屋根に出てしまい、ぎりぎりのところで救出しました。結構高い柵を…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP