特に踊れる必要はありません

これは輪になって、一人一人、順番に中に入って踊るタイム。コミュニティとのつながりを感じる、祭りっぽいこの踊りは、ベリーダンスでもあるけど、ビオダンザのいいところは、色んなジャンルの曲があること。世界のさまざまな文化が育んだ色んな音楽は、私たちの中からバリエーション豊かな動きと、情感、エナジーを引き出してくれます。「芸術でありながら芸術を越えている」と、ビオダンザの生みの親、タロ博士は言っているそうです。

090907-9

立て乗りの、大地につながる曲調のときは踏みしめるようにステップで力強く、そして笛などの波のような曲調が入ってきたら流れるような動きで、と、簡単な説明とデモンストレーションがあるだけで、ビオダンザは「特に踊れる必要はありません」のです。格好も動きやすい服装ならなんでもいいし、老若男女、どんな姿かたちをしてようと全く関係なし、生きてさえいれば踊れるという、人間本来の、根源的権利を味わえる踊りとでもいいましょうか。

曲に合わせて踊る

特に踊れる必要はありません

関連記事

  1. 「夜の帳が・・・」

    皆様がお帰りになったあと、ホテル内イタリアンレストランでディナー。ちょーどサンセットが終わった頃。ダ…

  2. 「ロータスチロル❤」

     実はウリちゃんチロル、ロータスのデザイナー鈴木ゆみこさんの発案です。ゆみこさんは一緒にロータスチロ…

  3. 「アボリジーニのディジュリジュ吹き」

    オーストラリアの原住民、アボリジーニのミュージシャン。ディジュリジュはもともと彼らの楽器で、木にアリ…

  4. 「ウリちゃん、幼児科卒業!」

    YAMAHA音楽教室・渋谷で二年間、楽しく学んでとうとう幼児科を卒業! 二年間お世話になった中島ふみ…

  5. 「アンダー・ウォーター・ーワールド」

     バスに乗ってシロソ・ポイントにある「アンダー・ウォーター・ワールド」に到着! ここにはピンクのイル…

  6. 「ウブドゥのミッシェル宅」

    七月に引っ越したばかりの新居を訪問。ライステラスの中の真新しいゲストハウスで、長逗留する外国人ファミ…

  7. ホテル犬

    これはここのホテルの犬。名前はスニ。もう一匹、黒いワンがいて名前はデサ。二匹でデサ・スニ、ホテルの名…

  8. 「DADDY’s Birthday」

    いま旬のスポット東京ステーションホテルにて、47回目のバースデーをお迎えになっちまったDADDY。い…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP