特に踊れる必要はありません

これは輪になって、一人一人、順番に中に入って踊るタイム。コミュニティとのつながりを感じる、祭りっぽいこの踊りは、ベリーダンスでもあるけど、ビオダンザのいいところは、色んなジャンルの曲があること。世界のさまざまな文化が育んだ色んな音楽は、私たちの中からバリエーション豊かな動きと、情感、エナジーを引き出してくれます。「芸術でありながら芸術を越えている」と、ビオダンザの生みの親、タロ博士は言っているそうです。

090907-9

立て乗りの、大地につながる曲調のときは踏みしめるようにステップで力強く、そして笛などの波のような曲調が入ってきたら流れるような動きで、と、簡単な説明とデモンストレーションがあるだけで、ビオダンザは「特に踊れる必要はありません」のです。格好も動きやすい服装ならなんでもいいし、老若男女、どんな姿かたちをしてようと全く関係なし、生きてさえいれば踊れるという、人間本来の、根源的権利を味わえる踊りとでもいいましょうか。

曲に合わせて踊る

特に踊れる必要はありません

関連記事

  1. 「ここは、アラブ?」

     今回は一致団結家族旅行だったのでヨガ修業が許されなかったのですが、一回だけヨガジャーナルの連載取材…

  2. 「フットウォッシュ」

     バリはフットウォッシュ(海の帰りに砂を落とす)もこんなに可愛い! 来年、下田合宿でもこういうの用意…

  3. 「Como」のローフードランチ

    エグゼなヨガ・リトリート「Como」のローフードランチ。高いのでここには泊まらなかったけど、ローフー…

  4. 「これぞマクロビオティック!」

    昨日、娘が小学校の課外授業で地元の畑に行き、小松菜をとって来ました。すごーい土がいっぱいついてて洗う…

  5. 「最終日のゴッデスポーズ」

     「ベリーダンス健康法」in シンガポールの最終日。女神のポーズで記念撮影をキメました。みなさんそれ…

  6. 「Puamana」

    ラハイナにあるコテージPuamanaはフラダンスの歌にも歌われる歴史的な建物。ビーチフロントのサイレ…

  7. 「フルーツバット」

    木の上には蝙蝠がたくさんぶら下がっています。ここがオーストラリアっぽいね。この方たちはフルーツを食べ…

  8. 「ニューオータニのお庭」

    「なだ万」から見たニューオータニの庭園。都心にこれだけの敷地で日本庭園を有するホテルはワンアンドオン…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP