特に踊れる必要はありません

これは輪になって、一人一人、順番に中に入って踊るタイム。コミュニティとのつながりを感じる、祭りっぽいこの踊りは、ベリーダンスでもあるけど、ビオダンザのいいところは、色んなジャンルの曲があること。世界のさまざまな文化が育んだ色んな音楽は、私たちの中からバリエーション豊かな動きと、情感、エナジーを引き出してくれます。「芸術でありながら芸術を越えている」と、ビオダンザの生みの親、タロ博士は言っているそうです。

090907-9

立て乗りの、大地につながる曲調のときは踏みしめるようにステップで力強く、そして笛などの波のような曲調が入ってきたら流れるような動きで、と、簡単な説明とデモンストレーションがあるだけで、ビオダンザは「特に踊れる必要はありません」のです。格好も動きやすい服装ならなんでもいいし、老若男女、どんな姿かたちをしてようと全く関係なし、生きてさえいれば踊れるという、人間本来の、根源的権利を味わえる踊りとでもいいましょうか。

曲に合わせて踊る

特に踊れる必要はありません

関連記事

  1. キャンプファイアー

    夜は村山の森でキャンプファイアー。この日は枝で火遊びをしていたウリたちでしたが、どうしてもマシュマロ…

  2. 「Daddy骨折」

     もうすぐギプスも取れるのですが、なんとうちのダディが骨折していました。それも、「スケボーで」という…

  3. お部屋でカードゲーム

    今回はもっちゃんも一緒。だからメンバー四人、座卓でカードゲームをやる! とココロに決めていたウリ。こ…

  4. スタジオのベランダにてAya先生。

    ちょー、かっこいいでしょう? 豊川悦士似のアヤ先生。この腰巻は、ヨガ用にバリで作らせたAyaオリジナ…

  5. 自由ケ丘の喫茶店(集)は超70年代調。サイフォンコーヒー、油絵、行き届いたお掃除とサービスとヨーロ…

  6. 「茅ヶ崎の海じゃ~!」

     夏休み最終日。ダディの弟、Jr.Dee(やっちんおじちゃん)の住む茅ヶ崎に行ってきました。バリでさ…

  7. 「Belly Dance in 森」

     霧島でのワークショップも二回目なので、踊りの精神的な部分、より高度なテクニックにチャレンジ。み…

  8. 「ほーらウリ、三階もまくぞーーっ」

     とダディに連れられて家中の入り口から「鬼はー外、福はー内」と豆をまくウリ。最初だけ玄関とベラ…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP