特に踊れる必要はありません

これは輪になって、一人一人、順番に中に入って踊るタイム。コミュニティとのつながりを感じる、祭りっぽいこの踊りは、ベリーダンスでもあるけど、ビオダンザのいいところは、色んなジャンルの曲があること。世界のさまざまな文化が育んだ色んな音楽は、私たちの中からバリエーション豊かな動きと、情感、エナジーを引き出してくれます。「芸術でありながら芸術を越えている」と、ビオダンザの生みの親、タロ博士は言っているそうです。

090907-9

立て乗りの、大地につながる曲調のときは踏みしめるようにステップで力強く、そして笛などの波のような曲調が入ってきたら流れるような動きで、と、簡単な説明とデモンストレーションがあるだけで、ビオダンザは「特に踊れる必要はありません」のです。格好も動きやすい服装ならなんでもいいし、老若男女、どんな姿かたちをしてようと全く関係なし、生きてさえいれば踊れるという、人間本来の、根源的権利を味わえる踊りとでもいいましょうか。

特に踊れる必要はありません

呼吸のダンス&ビオダンザアンコールワークショップ

関連記事

  1. 「夕方の海」

     アロマテラピーが終わり、ウリと海を眺める綾子ちゃん。これから夕暮れのベリーダンスon the …

  2. 「ミーアキャット♥」

    アニマルチャンネルで「ミーアキャットの世界」という番組を延々とやっていた時期があって、私とウリはその…

  3. 「これがホントの太陽礼拝」

     マジでやっちゃったよヨガon the beach。去年はヨガティーチャーもいなかったので、ジバ…

  4. 「虹の瞑想」

     2012年の冬至に地球規模の大変化が起ると言われていて、それまでにどう私たち自身が変容したらいいか…

  5. 「ロータスのフラワーダンス」

    最後はロータスダンサーズ全員が一人一人出て来てフラワーダンスを披露しました。お祝いにはやっぱりフラワ…

  6. 「AVEDAのチャクラ バランシング ミスト」

    ニューイヤー・リトリートが始まるまさに直前、AVEDAから送っていただいた「チャクラ バランシング …

  7. 「慰霊のキャンドルダンス」

     この日私のペリーでは、亡くなった多くの方々のためにキャンドルダンスを踊りました。古代の雨乞いの踊り…

  8. 「マウイ再び」

    六年ぶりでマウイ島に行ってきました。ウリ九カ月で初めての外国はここマウイ。五歳までは毎年夏に馳せ参じ…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP