特に踊れる必要はありません

これは輪になって、一人一人、順番に中に入って踊るタイム。コミュニティとのつながりを感じる、祭りっぽいこの踊りは、ベリーダンスでもあるけど、ビオダンザのいいところは、色んなジャンルの曲があること。世界のさまざまな文化が育んだ色んな音楽は、私たちの中からバリエーション豊かな動きと、情感、エナジーを引き出してくれます。「芸術でありながら芸術を越えている」と、ビオダンザの生みの親、タロ博士は言っているそうです。

090907-9

立て乗りの、大地につながる曲調のときは踏みしめるようにステップで力強く、そして笛などの波のような曲調が入ってきたら流れるような動きで、と、簡単な説明とデモンストレーションがあるだけで、ビオダンザは「特に踊れる必要はありません」のです。格好も動きやすい服装ならなんでもいいし、老若男女、どんな姿かたちをしてようと全く関係なし、生きてさえいれば踊れるという、人間本来の、根源的権利を味わえる踊りとでもいいましょうか。

特に踊れる必要はありません

呼吸のダンス&ビオダンザアンコールワークショップ

関連記事

  1. 「三日間のピラティス修業」

     三日間、朝九時半から夕方五時半までピラティスと解剖学三昧。マデリーン先生は三十年間この道を極め、こ…

  2. 「アシアのアロマテラピーお試しセッション」

     まずカウンセリングで今日の体調や気分を聞きます。そのあと、クライアントと話し合いながら使用するエッ…

  3. キャンドルダンスのあとは

    キャンドルダンスのあとは鏡の前にみんなでキャンドルを捧げて・・・。…

  4. 「トラとウリは潮干狩り」

    のりちゃんの愛息・トラとウリは、ビーチにプールを作ってもらって遊んでいました。どんどん掘って行くと、…

  5. 福生南公園付近の川

    ここ、福生南公園付近の川は流れも急じゃなく浅瀬。子供にはちょうどいいプールでした。それにしても川…

  6. 「Yumiちゃんの子供ミュージカルin the park」

    ロータスの子供ミュージカル・ティーチャーYumiちゃんにお願いして、ゲームとミュージカルをやってもら…

  7. 「ソファコーナーで御歓談」

    ロータスのソファコーナー。いつもは女子更衣室になっているここ、パーティの際はくつろぎのリビングと化し…

  8. 「最後はピラティス・マットワークで」

    最後はピラティスのマットワークでコア(芯)を鍛えてオーラス。みんな空腹と瞑想でふわっとしちゃってたか…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP