アメリカの食

代官山にもあるオーガニックカフェ「Urth Cafe」、本拠地のカリフォルニアはいたるところにあるんだけど、どこも混んでて大変!

ビバリーヒルズは二十人ぐらい待っててとてもじゃないけど入れず、翌朝、サンタモニカの「Urth Cafe」で朝ごはんをいただきました。朝ならちょっと待つぐらいで入れた!

人気があるのが分かる美味しさで、カプチーノなんか朝からこのクオリティ。濃くて美味しいんです。カリフォルニアはベリーが沢山とれるので、私はベリーワッフルを注文。量が多くて半分しか食べられなかったけどね~。

 

そしてアメリカでは今、日本のラーメンブームが起こっているらしいです。ハリウッドにもJINYAというラーメン屋ができてたんだけど、スープ、麺、トッピングを自分で選ぶ、まるでスタバのような形式。意外とうまいっちゃうまかったんだけど、スープが少ないの。これは、アメリカに住む友人も指摘していて、アメリカ人はスープを飲みつつ麺をすするという食文化がないので、あくまでも濃い目のスープにつけた麺を食べる、ということらしいです。

こちらはアヒポキ(ハワイの日系フード、マグロの赤身をごま油とお醤油で漬けたもの)ですが、カリフォルニアではタコスチップスにのっけて食べるの。どこでもこの形式で出てきて、さすがメキシカン食文化の豊かなお土地柄。なんでもスナック風にカリカリ、サクサク食べるようにしてしまうという合理性に打たれました。ビールやソーダも進むしね!

そしてビバリーヒルズ、ラグナといったお金持ちエリアでは、年齢不詳の綺麗なオバサンしかいないけど、ディズニーランドみたいにアメリカ全土から観光客が集まるところでは、驚くほど肥満の方が多かったのに驚きました。そして提供されるフードも、塩、砂糖、油のオンパレードで、病気になりそうでした。私、最後はピクルス齧って飢えをしのいでたわ。

オーガニック、ダイエット、アンチエイジングが普通のエリアと、そうでないエリア。アメリカの格差社会を目の当たりにした今回の旅行、アンチエイジングリポートは「Ourage」の連載コラムで!

 

 

 

2016年の年明けは

新刊でき!

関連記事

  1. 「Windows to the Sky(空に開く窓)」

    空に開く窓は、鍼灸の経絡とクラニオセイクラルを組み合わせたワークです。人生に関する何かをもっとク…

  2. 「新年の誓い」

     こちら、シロソ・ビーチの「新年の誓いコーナー」。既にたくさん書きこまれていますが、ウリも「今年こそ…

  3. 「ロータス海部結成!」

    稲七前の海はふだん波なんかなく、透明でプールみたいな海なんですが、今回は荒れてました! で、成り行き…

  4. 「Kahinaベリー❤続き」

    まずはストレッチと足のマッサージから。さすが、齢40になるベリーダンサーだけに、準備運動は丹念です…

  5. 社員食堂

    これは社員食堂のビュッフェです。床もテーブルクロスもバイエルン柄。ベジタリアンメニューもあり。サルス…

  6. 「自然の中でヨガをする醍醐味」

     自然の中でヨガをすると、逆転ポーズをしたとき、風景がさかさまに見えるのが楽しい! 今は新緑がキ…

  7. 「やっぱりお正月はお餅♥」

    日本からお餅、ダシ、素麺を持参、グレゴリー&Hanae宅でいただきました。お餅好きのウリはグ…

  8. 「グリーンスクールの休み時間」

     遊具も自然素材で使ったもの。休み時間すらフィールドアスレチックです。…

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP