アメリカの食

代官山にもあるオーガニックカフェ「Urth Cafe」、本拠地のカリフォルニアはいたるところにあるんだけど、どこも混んでて大変!

ビバリーヒルズは二十人ぐらい待っててとてもじゃないけど入れず、翌朝、サンタモニカの「Urth Cafe」で朝ごはんをいただきました。朝ならちょっと待つぐらいで入れた!

人気があるのが分かる美味しさで、カプチーノなんか朝からこのクオリティ。濃くて美味しいんです。カリフォルニアはベリーが沢山とれるので、私はベリーワッフルを注文。量が多くて半分しか食べられなかったけどね~。

 

そしてアメリカでは今、日本のラーメンブームが起こっているらしいです。ハリウッドにもJINYAというラーメン屋ができてたんだけど、スープ、麺、トッピングを自分で選ぶ、まるでスタバのような形式。意外とうまいっちゃうまかったんだけど、スープが少ないの。これは、アメリカに住む友人も指摘していて、アメリカ人はスープを飲みつつ麺をすするという食文化がないので、あくまでも濃い目のスープにつけた麺を食べる、ということらしいです。

こちらはアヒポキ(ハワイの日系フード、マグロの赤身をごま油とお醤油で漬けたもの)ですが、カリフォルニアではタコスチップスにのっけて食べるの。どこでもこの形式で出てきて、さすがメキシカン食文化の豊かなお土地柄。なんでもスナック風にカリカリ、サクサク食べるようにしてしまうという合理性に打たれました。ビールやソーダも進むしね!

そしてビバリーヒルズ、ラグナといったお金持ちエリアでは、年齢不詳の綺麗なオバサンしかいないけど、ディズニーランドみたいにアメリカ全土から観光客が集まるところでは、驚くほど肥満の方が多かったのに驚きました。そして提供されるフードも、塩、砂糖、油のオンパレードで、病気になりそうでした。私、最後はピクルス齧って飢えをしのいでたわ。

オーガニック、ダイエット、アンチエイジングが普通のエリアと、そうでないエリア。アメリカの格差社会を目の当たりにした今回の旅行、アンチエイジングリポートは「Ourage」の連載コラムで!

 

 

 

2016年の年明けは

新刊でき!

関連記事

  1. 「今年の七夕は・・・」

    今年もお隣のおばあちゃんちから笹をいただき、七夕の飾り付けをしました。願い事は一人三つまで書いていい…

  2. 「和香子さん第二子誕生!」

    あざやかに 我を映せる みどり子の 漆黒のまなこ あかず見つむる(和香子)私のホームページにおけ…

  3. 「♪包丁一本~、さらしに~巻いて~」

     奥田シェフはこのぺティナイフ一本で野菜からお魚をさばくまで全ての料理をしてしまいます。食材調達ツア…

  4. 「真剣な表情でお花わ探すウリ」

    ジャングルの中で、真剣な表情でお花を探すウリ。こういう中に入るとひときわオリエンタルだわ(笑)。おへ…

  5. 富山に行ってきました

    羽田から富山キトキト空港まで一時間かかんないとは知りませんでした。東京からあっという間に行けるところ…

  6. 「Byron Bay New year's eve p…

    ビーチホテルの朝ごはん。新鮮なフルーツと、濃いぃヨーグルトとミューズリー、ローカルコーヒーと何種類も…

  7. 「宮崎こどものくに」

     5/5はこどもの日なので、とりあえずホテル直結こどものくにに行ってみました。ここって古くからの植物…

  8. 「ホワイトデーのホワイトケーキ」

     3/14ホワイトデー、ダディは終日ロケだったが、なぜか前の晩「これ、ロータスに」と、卵白だけで作ら…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP