花岡道子さんのヒーリング

かつて私の本の表紙イラストレーションをずっと描いてくれていた花岡道子さんが、ハワイに移住したと思ったら、高次の精霊たちと交信するようになってしまい、ヒーラーになっていました。

もともと、スピリチュアルな絵を描くだし、ダンスも大変スピリチュアルなので、ヒーリングの道に入ってもおかしくない人でした。過去ロータスでハートチャクラを開くワークショップなどもやってもらっていて、ハワイに行く前はパーティで踊ってもらっていました。あれから何年たったかなぁ~。

久しぶりに連絡をいただいたら、なんと「施術」をするようになったということで、私も体験させていただきました。

なんでも、「愛のエロヒム」と「みかひ」と「みろく」の意識が道子ちゃんの中にあり、セッションは愛のエロヒムが十次元の光を道子ちゃんの手を通してするそうです。なので道子ちゃんは無心でクライアントに手を当てているだけなんだって。日本でいう手かざし療法。海外ではReikiとして知られてますね。メッセージが降りてきたらそのまま伝え、道子ちゃん自身の意見は介入しないとか。

この日、エロヒムは精霊パンとともに、私のハイアースピリットにも聞きながら、七つのチャクラの調整とクレンズを行い、子宮関係の様子を見てくれました。手術の痕は中もきれいに治っていて、チャクラはハートチャクラと第三チャクラが非常にいい状態だと伝えられました。第一、第二が微妙な感じなのはやはり婦人科系に問題があるからで、これは一度の施術では治らないけれども、病気のもととなっている「思い」を変えることで、改善していくとのお達しでした。

その「思い」とは、やはり「愛情問題」に深くかかわることで、夫に対する不満というよりやはり、母に対する不満が原因。その「思い」を全て捨て、「許す」ことが大切なのだとか。これもねー、母親が他界してずいぶん経つので、全て解決したと思っていたのですが、まだ根深く残っていたんですね~。今ではかなり感謝しているし、これ以上、何をどう許すというのでしょうか。

「あなたは光の存在として、これからもっと輝き、みんなを光の方向へ導いて行く人です。輝くためには、許しが必要なのです」

とメッセージを伝えられ、はー、もう、許して許して許しまくれってことなのね、と納得。それも、相手の為じゃない、自分の健康と幸せのためにだよ。仏になれっつーことけっ。

道子ちゃんは全身のエネルギー状態をよくするための「光の呼吸法」を教えてくれました。これはできそう。今朝もお布団の中でやってみました。

面白かったのは、道子ちゃんと向き合って手を取り、目を見てチャネルしてくれるんだけど、メッセージを受け取っているときの道子ちゃんの目が、コンピューターみたいに微細な何かを追っかけてる様子。見逃さないように動いてるのがとても興味深かった。

それから、施術の後にエロヒムの波動水というのも舌下にたらしてもらったんだけど、それで目をつむると、綺麗なピンク色の中に金色の光が見えた。その旨伝えると、

「へー、理香さんってスゴイ! エロヒムのエネルギーは、ピンクの中に金色の光がらせん状に降りて来るんだよ。見えるんだ~」

と道子ちゃんがびっくり。いやいや、見えないけど、そういうイメージが頭の中にわいたってことです。

私の健康を保つには、お休みの日をもっと作り、ひたすら寝ること、と伝えられましたが、もう最近は、お休みの午後三時間ぐらい昼寝しちゃってるので、体が自然とそうなっています。夜も八時間から十時間寝ちゃうし。その睡眠時間を確保するために、起きてる間は忙しいったらありゃしないのです。

私はこの手のヒーリング慣れしているので、施術中は一時間爆睡。目覚めて「あー、スッキリ」という爽快感を得ましたが、人によっては二日ぐらい調整のため寝込んだりするそうです。スピリチュアルヒーリング好きの人にはたまらないセッション、ご希望の方は下記まで♡

http://hanaspirit.wix.com/flower-of-spirit#!session-menu/c1ubl

 

 

行く猫、来る猫

バレンタインデー2015

関連記事

  1. ウリお茶室デビュー

    子育てが忙しく、三年間お茶のお稽古をお休みしていたが、今年に入ってから無性に茶ぁ点てて飲みたくなり、…

  2. バイバイバイロン!

    朝、ちょっと早くホテルを出たので、旧道の牧草地帯を通って帰りました。ツリーハウス撮り残したし、と…

  3. 「ハッピー・バレンタインデー❤」

     今年のバレンタインデーは前日が日曜日だったので、繰り上げで日曜にやっちゃった人が多いのではないでし…

  4. ひーちゃん上京!

    「さよなら?! 愛しの筋腫ちゃん」に出て来る、山梨の中学時代の親友、ひーちゃんが上京!まずベタに…

  5. 「スコール」

    シンガポールは雨季。午前中ピーカンでも、午後になって集中豪雨に襲われる毎日でした。ダッククルーズから…

  6. 「家族で運だめし」

     もちろん、家族全員五個ずつ投げましたよ。男は左手、女は右手で投げると決まっていて、ダディはメタボ対…

  7. 「Naomiの、Sandiegoからこにゃにゃちわコラムvol.…

    お久しぶりです。 9月に四十路婚をしてから一カ月が過ぎました。結婚前後はなにかとバタバタと落ち着かな…

  8. 「和食屋さんで大人にバースデー」

      四十七歳の誕生日。旦那が「たまには都心に出たほうがいい!」と豪語するので、東京ミッドタウンの…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP