2014 あけましておめでとうございます

新年の旅行にはいつも「塩野」の干菓子を連れて行きます。

その年の干支、富士、鶴、羽子板、寿の扇、松、亀など縁起物が入った干菓子は、お正月気分たっぷり。どどーんと大きいお菓子しか売られてない海外では、こういうプチっと繊細なスウィーツが癒しとなります。

元旦には「おーいお茶」ティーバックの緑茶を淹れて、ベランダで海を眺めながらいただきました。もちろんお餅も持ってって、トースターで焼いて磯辺焼きに♥ 「永谷園」の松茸のお吸い物の素でお雑煮も。これ、お茶の師匠のアイディアですが、海外のホテルでも簡単にお雑煮が食べられます。いや、実際結構おいしいからびっくり。

 

そして旬のロックオイスターです。

オーストラリアは夏。小ぶりの岩牡蠣が出回っていて、安くて美味しいんです。

これはByron at the byronのプールサイド・レストラン。新しくできたお洒落系ホテルで、ランチに行ってみました。でもうちはここには泊まらず、元祖ビーチホテルに泊まるのです。なにしろメインビーチの真ん前だから、ボードかついで裸足でサーフィンに行けるのと、街にも至近距離だからお買い物や食事も便利。七十年代に建てられたマイルストーン・ホテルで、ここからバイロンの街が始まったという歴史にこだわりが(笑)。

車でどこか出かけると、帰りはいつも色んなビーチの波チェック。我が家の家族旅行はイコール、ダディのサーフトリップだから、家族はそれに付き合わされることになるのです。

ウリなんか、ダディの付き合いでバケーション時だけサーフィンをやることに。去年買ってもらったサーフボードはまだ乗りこなせないから、今回また幅広デカめの子供用ボードでトライ。まずは子供でも乗りこなせる波のあるPassで波チェック。

バイロンベイのニューイヤーズイヴ

バイロンのカフェめし

関連記事

  1. コーネンキなんてこわくないが発売されました(^^)/

    とうとう発売されました(^^)/一年半、集英社のウェブマガジン「OurAge」の連載で体当た…

  2. これ、我が家から見える桜と、娘が玉堤から連れて来てくれた桜。

  3. 「心を開くポップアップカード作り」

     酒井さんとカズちゃんが到着して、午後はポップアップカード作り。お二人は去年のクリスマスにご結婚…

  4. なんとハヤシライスの産みの親が・・・

    これは丸善さんのお土産なんですが、ちょっとびっくりしたので、紹介しますね。これって、辞書じゃないん…

  5. またオーブがいっぱい

    ロータスでベリーダンスパーティをすると、踊ってる写真にオーブがいっぱい映るのですが、ほれ、今回もこん…

  6. 「ウリはダディとプレ・バレンタイン・デート」

    友チョコを制作したウリはダディにもそれをあげ、二人で赤坂サカスにスケートに行きました。この二人は毎年…

  7. 「ここは、アラブ?」

     今回は一致団結家族旅行だったのでヨガ修業が許されなかったのですが、一回だけヨガジャーナルの連載取材…

  8. 「カリフォルニアの食材」

    ラホヤに「We olive」というお洒落オリーブオイル屋さんがあって、奥がワインバーになっていて、海…

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP