2014 あけましておめでとうございます

新年の旅行にはいつも「塩野」の干菓子を連れて行きます。

その年の干支、富士、鶴、羽子板、寿の扇、松、亀など縁起物が入った干菓子は、お正月気分たっぷり。どどーんと大きいお菓子しか売られてない海外では、こういうプチっと繊細なスウィーツが癒しとなります。

元旦には「おーいお茶」ティーバックの緑茶を淹れて、ベランダで海を眺めながらいただきました。もちろんお餅も持ってって、トースターで焼いて磯辺焼きに♥ 「永谷園」の松茸のお吸い物の素でお雑煮も。これ、お茶の師匠のアイディアですが、海外のホテルでも簡単にお雑煮が食べられます。いや、実際結構おいしいからびっくり。

 

そして旬のロックオイスターです。

オーストラリアは夏。小ぶりの岩牡蠣が出回っていて、安くて美味しいんです。

これはByron at the byronのプールサイド・レストラン。新しくできたお洒落系ホテルで、ランチに行ってみました。でもうちはここには泊まらず、元祖ビーチホテルに泊まるのです。なにしろメインビーチの真ん前だから、ボードかついで裸足でサーフィンに行けるのと、街にも至近距離だからお買い物や食事も便利。七十年代に建てられたマイルストーン・ホテルで、ここからバイロンの街が始まったという歴史にこだわりが(笑)。

車でどこか出かけると、帰りはいつも色んなビーチの波チェック。我が家の家族旅行はイコール、ダディのサーフトリップだから、家族はそれに付き合わされることになるのです。

ウリなんか、ダディの付き合いでバケーション時だけサーフィンをやることに。去年買ってもらったサーフボードはまだ乗りこなせないから、今回また幅広デカめの子供用ボードでトライ。まずは子供でも乗りこなせる波のあるPassで波チェック。

バイロンベイのニューイヤーズイヴ

バイロンのカフェめし

関連記事

  1. 「長野ぶどう狩り」

    今回も主催者のお宅に、しかも母子で泊めてもらい、翌日、お父さんの友人宅でぶどう狩りをさせていただきま…

  2. 「遠浅の海でいつまでも遊ぶ親子」

    雨が降ったりやんだりしてたけど、逆に曇り空のほうが日焼けの心配なく遊べて良かったかも。遠浅で水はあっ…

  3. 散らし寿司

    ほ~ら、すごいでしょー。このピンクのが大好き!と、人口着色料たっぷりのピンクのでんぶを気に入ったウ…

  4. 「嬉しそうな二人」

     船に乗って嬉しそうな二人。私は船酔いで・・・。…

  5. 「アフター♥ヨガランチ♥」

     呼吸法から始まって二時間にも及ぶワークショップの後半、小腹が空いて「は~、これ終わったら何食ってや…

  6. 「Naomiの、サンディエゴからこにゃにゃちわvol.6/クリス…

    12月も半ばになるとさすがにサンディエゴも朝晩は肌寒くなり始めました。寒いと言っても東京の冬と比べた…

  7. 「アクアパッツァ製作中」

     新宿Isetan地下食品売り場で開店と同時に野菜と魚の目利き講座を受けていたら、なんと梅宮辰夫ファ…

  8. 「母の日ディナーは激戦区!」

    母の日ぐらい楽させてもらいましょと、みなディナーに出掛けるらしく、うち周辺の飲食店はどこも予約で満員…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP