2014 あけましておめでとうございます

新年の旅行にはいつも「塩野」の干菓子を連れて行きます。

その年の干支、富士、鶴、羽子板、寿の扇、松、亀など縁起物が入った干菓子は、お正月気分たっぷり。どどーんと大きいお菓子しか売られてない海外では、こういうプチっと繊細なスウィーツが癒しとなります。

元旦には「おーいお茶」ティーバックの緑茶を淹れて、ベランダで海を眺めながらいただきました。もちろんお餅も持ってって、トースターで焼いて磯辺焼きに♥ 「永谷園」の松茸のお吸い物の素でお雑煮も。これ、お茶の師匠のアイディアですが、海外のホテルでも簡単にお雑煮が食べられます。いや、実際結構おいしいからびっくり。

 

そして旬のロックオイスターです。

オーストラリアは夏。小ぶりの岩牡蠣が出回っていて、安くて美味しいんです。

これはByron at the byronのプールサイド・レストラン。新しくできたお洒落系ホテルで、ランチに行ってみました。でもうちはここには泊まらず、元祖ビーチホテルに泊まるのです。なにしろメインビーチの真ん前だから、ボードかついで裸足でサーフィンに行けるのと、街にも至近距離だからお買い物や食事も便利。七十年代に建てられたマイルストーン・ホテルで、ここからバイロンの街が始まったという歴史にこだわりが(笑)。

車でどこか出かけると、帰りはいつも色んなビーチの波チェック。我が家の家族旅行はイコール、ダディのサーフトリップだから、家族はそれに付き合わされることになるのです。

ウリなんか、ダディの付き合いでバケーション時だけサーフィンをやることに。去年買ってもらったサーフボードはまだ乗りこなせないから、今回また幅広デカめの子供用ボードでトライ。まずは子供でも乗りこなせる波のあるPassで波チェック。

バイロンベイのニューイヤーズイヴ

バイロンのカフェめし

関連記事

  1. サイパン

    ウリ撮影のココナッツツリー。これからはウリが撮影する写真が増えそう。…

  2. 「今夜は七夕」

    七夕のお飾り、今年は隣のおばちゃんちで笹をいただき、上達した折り紙・切り紙で飾りました。去年は渋谷の…

  3. カリオカレモン

    これが最後に飲んだカリオカレモン。なんと、レモンの皮にお湯を入れただけのシンプルなものです。が、なー…

  4. 「最終日のゴッデスポーズ」

     「ベリーダンス健康法」in シンガポールの最終日。女神のポーズで記念撮影をキメました。みなさんそれ…

  5. センスがいい

    こんな風にバリの旗とかも使ってカラフルさもプラス。センスがいいざます。子供心にもビビビと来ます。…

  6. 「もうすぐ、福は内!」

    1/26は旧暦のお正月でしたが、チャイニーズ・ニューイヤーでかつ、コリアン・ニューイヤーでもあるんで…

  7. 「種をローストしているところ」

     学校に戻ってオーガニックチョコレート作り。すでに一週間と五日、干してある種をローストしてみます。…

  8. 「ぼぎちん、アラビア語版、出来❤」

    「ぽぎちん バブル純愛物語」が英語版、ドイツ語版に引き続き、なんとアラビア語版に翻訳されました。ドイ…

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP