2014 あけましておめでとうございます

新年の旅行にはいつも「塩野」の干菓子を連れて行きます。

その年の干支、富士、鶴、羽子板、寿の扇、松、亀など縁起物が入った干菓子は、お正月気分たっぷり。どどーんと大きいお菓子しか売られてない海外では、こういうプチっと繊細なスウィーツが癒しとなります。

元旦には「おーいお茶」ティーバックの緑茶を淹れて、ベランダで海を眺めながらいただきました。もちろんお餅も持ってって、トースターで焼いて磯辺焼きに♥ 「永谷園」の松茸のお吸い物の素でお雑煮も。これ、お茶の師匠のアイディアですが、海外のホテルでも簡単にお雑煮が食べられます。いや、実際結構おいしいからびっくり。

 

そして旬のロックオイスターです。

オーストラリアは夏。小ぶりの岩牡蠣が出回っていて、安くて美味しいんです。

これはByron at the byronのプールサイド・レストラン。新しくできたお洒落系ホテルで、ランチに行ってみました。でもうちはここには泊まらず、元祖ビーチホテルに泊まるのです。なにしろメインビーチの真ん前だから、ボードかついで裸足でサーフィンに行けるのと、街にも至近距離だからお買い物や食事も便利。七十年代に建てられたマイルストーン・ホテルで、ここからバイロンの街が始まったという歴史にこだわりが(笑)。

車でどこか出かけると、帰りはいつも色んなビーチの波チェック。我が家の家族旅行はイコール、ダディのサーフトリップだから、家族はそれに付き合わされることになるのです。

ウリなんか、ダディの付き合いでバケーション時だけサーフィンをやることに。去年買ってもらったサーフボードはまだ乗りこなせないから、今回また幅広デカめの子供用ボードでトライ。まずは子供でも乗りこなせる波のあるPassで波チェック。

バイロンベイのニューイヤーズイヴ

バイロンのカフェめし

関連記事

  1. 「今年のケーキはでっかいど~」

    今年は三十人前のケーキだから特大です。駒沢周辺は美味しいケーキ屋さんの宝庫で、これは一番近い「パティ…

  2. 「バスを待つ親子」

     セントーサのホテルで何度かタクシーを呼んでもらおうとしたら、「バスがあるから」とか「ワゴンで送って…

  3. 「チェックアウト時のサンセット」

    チェックアウトのとき、ちょうどロビーからサンセットが見えました。ありがとうプーケット。また来るよ~、…

  4. 「アジアン・プロファシーSPA」のヘルシーフード

    私の本の読者でもある金沢やすこさんの経営する、ウブドゥにあるスパ&インテリアショップ「アジアン・プロ…

  5. 「小布施栗尽くし」

    ぶどう狩りのあと、小布施に案内してもらいました。小布施といえば、栗。まずはランチに栗おこわです。…

  6. 朝一で田んぼに咲くロータスです。

    ここのホテルはそこらじゅうに蓮の花がぽんぽん咲きまくってるんだけど、どうも観察してると、夜咲いて朝閉…

  7. 「また生えてきた木」

     左は今満開の山つつじで、右は・・・この山荘に住み始めた頃、家が日陰になって暗いからと村山さんが…

  8. 「冬馬とウリ」

     ケイコさんの息子=ゲンちゃんの甥はジャマイカ系アメリカ人とのハーフ。絵がものすごーーく上手いので、…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP