バイエルン人登場!

20080702_153109今回の旅は、私の愛飲している鉄分サプリ「フローラディクス」のサルス社を訪ねるのが目的でした。完全オーガニックで、その徹底した品質管理は一見の価値あり。

そしてこの会社は、エコ経営でWWF(世界自然保護基金)ほか、数々の権威ある賞を受賞しています。その、”ドイツ人の良心”とも言えるスピリットに触れたかった。

これは私たちを迎えに来てくれた、社長の娘アンゲリカさんとその夫ビリーさん。見てください、この大らかな笑顔!

ビリーさんはスイス人ですが、アンゲリカさんは「私たちはバイエルン人で、普通のドイツ人とは違う」と言います。歓迎の意を表して着てくれた民族衣装もバイエルン地方のもの。毎日違うのを着て来てくれて(夏用コットン製は三着持っているそう。冬用はシルクで、日本でいったら着物みたいなもの)、私たちを楽しませてくれました。

こういう衣装は、もうドイツでも十月のお祭りのときしかみんな着なくなっちゃったそうで、あとはレストランやビヤホールのウェイトレスが着てるぐらい。でも、アンゲリカさん宅では、お母様なんか毎日この服装なんだそーな。日本でいったら、毎日着物着て生活しているようなもの。

レストラン内煙草の自動販売機

マダム・リントナー

関連記事

  1. バックヤード

    このおうち、東京でいったら新橋みたいなところなのに、バックヤードにはこんなに緑がいっぱい!…

  2. 「シンガポールで講演会」

     あけましておめでとうございます! やっと新年のご挨拶ができました~。いやはや忙しい年明けでブログの…

  3. 「BS11新番組に出演」

    BS11で四月にスタートした『女の時間』にゲスト出演しました。ナビゲーターははしのえみさんとイラスト…

  4. 「うりちゃん十歳のバースデーおめでとー♡」

    はー、十年。光陰矢のごとしですわ。今年は十年の節目として、ケーキも四角くしてみました。シンプルに、大…

  5. バイエルンの伝統的お皿

    これはサルス社からお土産に貰ったバイエルン地方の伝統的なスープ皿。ここではあまり大きく感じなかったけ…

  6. 船に揺られてまいります

    ムジー湖は修道院で有名なところで、男島(修道士)、女島(修道女)とあり、地元では古くから、「実は地下…

  7. ボルティックス

    水力発電のボルティックス!…

  8. 自由ケ丘の喫茶店(集)は超70年代調。サイフォンコーヒー、油絵、行き届いたお掃除とサービスとヨーロ…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP