バイエルン人登場!

20080702_153109今回の旅は、私の愛飲している鉄分サプリ「フローラディクス」のサルス社を訪ねるのが目的でした。完全オーガニックで、その徹底した品質管理は一見の価値あり。

そしてこの会社は、エコ経営でWWF(世界自然保護基金)ほか、数々の権威ある賞を受賞しています。その、”ドイツ人の良心”とも言えるスピリットに触れたかった。

これは私たちを迎えに来てくれた、社長の娘アンゲリカさんとその夫ビリーさん。見てください、この大らかな笑顔!

ビリーさんはスイス人ですが、アンゲリカさんは「私たちはバイエルン人で、普通のドイツ人とは違う」と言います。歓迎の意を表して着てくれた民族衣装もバイエルン地方のもの。毎日違うのを着て来てくれて(夏用コットン製は三着持っているそう。冬用はシルクで、日本でいったら着物みたいなもの)、私たちを楽しませてくれました。

こういう衣装は、もうドイツでも十月のお祭りのときしかみんな着なくなっちゃったそうで、あとはレストランやビヤホールのウェイトレスが着てるぐらい。でも、アンゲリカさん宅では、お母様なんか毎日この服装なんだそーな。日本でいったら、毎日着物着て生活しているようなもの。

レストラン内煙草の自動販売機

マダム・リントナー

関連記事

  1. 「電車に乗ってる風の調圧ルーム」

     このドームに入ることによって、癌や子宮筋腫、ウツやリューマチといった様々な病気が治ったり改善したり…

  2. 2016年の年明けは

    2016年はビバリーヒルズのゲストハウスでCNNを見ながら迎えました。ニューヨークはロスより三時…

  3. 「田んぼのまん前に設えられた野外スタジオ」

     前回、鹿児島でのワークショップの帰りに寄ったとき、「田んぼのまん前で裸足で踊ったら気持ちいいで…

  4. 「ジャグジーで暖を取る」

    ダディの計画では、二泊三日で温水プールに朝から晩まで入りまくる予定だったんだけど、一日目しか天気は良…

  5. 「Naomiの San diegoからこにゃにゃちわ~vol.5…

    太陽サンサンのサンディエゴも秋風が吹き始めました。そして秋風と共に街はハロウィーンムードが漂って来ま…

  6. 「クリスマスプレゼント」

    クリスマスプレゼントは流儀にのっとってツリーの麓に一応、置いておくんだけど、日本人だからイブのディナ…

  7. 「あれ・・・えりちゃんの『魅せられて』は?」

    ウリとベールで遊ぶ羽目になってるえりちゃんは、ジュディ・オングの「魅せられて」をベールダンスで踊った…

  8. 「グラスボートの底から顔を出すダディ」

     どこまでも海好き。サーフィンができなくても海に入ってれば御機嫌なのです。…

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP