バイエルン人登場!

20080702_153109今回の旅は、私の愛飲している鉄分サプリ「フローラディクス」のサルス社を訪ねるのが目的でした。完全オーガニックで、その徹底した品質管理は一見の価値あり。

そしてこの会社は、エコ経営でWWF(世界自然保護基金)ほか、数々の権威ある賞を受賞しています。その、”ドイツ人の良心”とも言えるスピリットに触れたかった。

これは私たちを迎えに来てくれた、社長の娘アンゲリカさんとその夫ビリーさん。見てください、この大らかな笑顔!

ビリーさんはスイス人ですが、アンゲリカさんは「私たちはバイエルン人で、普通のドイツ人とは違う」と言います。歓迎の意を表して着てくれた民族衣装もバイエルン地方のもの。毎日違うのを着て来てくれて(夏用コットン製は三着持っているそう。冬用はシルクで、日本でいったら着物みたいなもの)、私たちを楽しませてくれました。

こういう衣装は、もうドイツでも十月のお祭りのときしかみんな着なくなっちゃったそうで、あとはレストランやビヤホールのウェイトレスが着てるぐらい。でも、アンゲリカさん宅では、お母様なんか毎日この服装なんだそーな。日本でいったら、毎日着物着て生活しているようなもの。

レストラン内煙草の自動販売機

マダム・リントナー

関連記事

  1. 広尾のナショナル麻布スーパーマーケット

    広尾のナショナル麻布スーパーマーケットに勤めているJennyちゃんに会いに行きました。意外と制服も似…

  2. 「東屋でバリニーズマッサージ」

     これもまた、横になった途端に寝ちゃったので、何をされたかも覚えていない(ひえ~)。…

  3. 小さい村の中に住んでいるよう

    ウリは朝ごはんの間にも犬を追っかけまわして庭に出て行きます。でもここはこじんまりしていてレストランも…

  4. 「バリ島最終日」

    最終日はスコーンと朝から晴れ、最後のトロピカルプールを母子で楽しみました。ダディはラストサーフィ…

  5. 「グラスボートの底から顔を出すダディ」

     どこまでも海好き。サーフィンができなくても海に入ってれば御機嫌なのです。…

  6. 「あら、ちゃぶだいの上に銅像がありますよ」

    とHanaeちゃん。Hanaeちゃんはこの夜、ロックオイスターと海老をつまみに最後のシャンパンを飲ん…

  7. 「小さい子をお持ちのお母さんたちへ」

     福島の原発が収まらない中、小さい子を抱えて不安のお母さんたちから、放射能対策の質問メールが寄せられ…

  8. 愛知講演会ご報告

    名古屋の白壁地区にある、市政歴史資料館です。すごーい、クラシックな建物と緑多い環境で、まるで外国のよ…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP