「フローラディクス」のサルス社

20080702_155623「このポールは?」

ホテルから車で十五分、サルス社到着。まず目についたのがこの不思議なポール。
あとから気づくと、町の広場にもそこここにおんなじのがある。聞くとこれは、バイエルン地方で毎年五月のお祭りのときみんなで立てる(テコの原理を利用して)もので、ひとつひとつの旗には地元産業のマークが入っているそうな。そしてブルーと白はバイエルン地方の伝統的カラー。

20080702_153109「日本のみなさん、いらっしゃい」

国旗まで掲げて私たちを歓迎してくれたサルス社のグレイザー社長。みてください、もー、この心からの笑顔。「純粋」とか「誠意」を絵に描いたような方です。社長はサルスの創始者ドクター・グレイザーの息子で、ここは完全な家族経営。バイエルン人は家族の絆、地元の人たちとのつながりを大切にするので、社員も自転車で通って昼ごはんは家に食べに帰るような人が多く、会社全体がひとつの大きなファミリーのような雰囲気でした。

20080702_160414「サルスのロビーにて」

サルス製品もこんな戸棚に入っていると素敵。
サルス社内に入ると、そこは木の香りがいっぱいのまるでログハウスの中のような雰囲気。「環境にも人にも優しい」をほんとに実践できてる会社でした。わかっちゃいるけどホントにそんなことできるのかな、と日本人の私なんかいつも思ってしまうけど、実際に理想を実現している人がいるところを見ると、人間、やればできるんだという希望が持てます。

マダム・リントナー

会議室すら優雅そのもの

関連記事

  1. 「調圧ルーム二時間で夜十時までOK!!」

     いつもは夕方にはへろへろになって九時には寝ている私ですが、調圧ルームに二時間入ったあとは、来たとき…

  2. Yoga Shala

    ここはスミニャックにあるヨガスタジオ「Yoga Shala」。最後の最後にウブドゥの山を降り、空港へ…

  3. 「アシアのアロマテラピーマッサージ」

    日曜日は、ベリーのあとロータスがサロンに早変わり。アシアのアロマテラピーマッサージを久しぶりに受けま…

  4. 「これがお馴染のマーライオン」

     船から見たマーライオン。シンガポール観光のお土産といえば必ずついてるアレですが、富と繁栄のシンボル…

  5. 食事のあとはキャンドルダンス。

    昼間のクラスで何度かやったことあるけど、やっぱり夜やると違う~。超ビューティフルかつ神秘的でした。不…

  6. 「インド人学校の運動会」

    ウリの通うインド人学校にも、なんと運動会があります。近所の公立小学校校庭を借り、ハウス(縦割りのグル…

  7. 「恐竜にも乗りましたよ、ええ」

     ふだん母親らしいことがあまりしてあげられないので(笑)、バケーションのときぐらい一緒にライドも乗り…

  8. 「ニューオータニのお庭」

    「なだ万」から見たニューオータニの庭園。都心にこれだけの敷地で日本庭園を有するホテルはワンアンドオン…

最近の記事

PAGE TOP