二十八日周期・十三ヶ月

20080306_121120ピラティスの酒井さん、セラピストの青野さん、チャー先生。みんなでワークシートら書き込み、お茶を飲みお菓子を食べています。このワークシートには願いを叶えるアファーメーションというところもあって、ここには、自分のキーワードを使ってアファーメーション(お祈り)を書き込めます。
三時間のワークショップで分かったことをざっと説明すると、マヤ歴は一ヶ月二十八日で十三ヶ月、7/26が新年の元旦で、その前日、7/25日は「時間をはずした日」として、合計365日となる。
とまぁ、この辺までは、ニューエイジ好き、健康オタクの常識として知ってたんだけど、ホゼ・アグエイアスというチリの大学教授の「時間の科学」のセミナーが元になってるこの講座では、その深遠な意味を知り、実際どうやってコズミック・ダイアリーをつけるか、というところまでやったから、すごーい面白かった。
で、この二十八日周期・十三ヶ月というのが実に、宇宙から繋がっている地球と、ここで生きる、生きとし生けるものの有機的秩序(オーガニックオーダー)をあらわしているのだそうな。二十八日は地球と月と太陽のリズムで、満月の周期は29.53日、太陽の対地球自転周期は28日、月の公転周期は27.32日、女性の生理も多くは二十八日周期。一年は地球が太陽のまわりを一周まわる周期(このあいだに月は地球のまわりを十三回まわっている)。
だから、このカレンダーに従って生活すると、人は自然のリズムを取り戻し、ストレスも感じなくなり本来の自分を取り戻し、本当にやりたいことをして、地球にも人類にも貢献でき、ワクワク楽しく生活できるようになる。さらにそうなった人の意識によって、太陽のリズムと月のリズムを調和させることができるそうな。

Cosmic calender 十三の月の暦 を学ぶ会

白い月の魔法使いの年

関連記事

  1. 「鎌田サロンOPEN!」

    十年の長きに渡り、「クリームバス恵比寿」で私の白髪染め(ヘナ)と肩マッサージを担当してくれてきた鎌田…

  2. 「シルク・ド・ソレイユ『ZED』に行ってきました」

    ウリも冬休みに入り、夢だったシルク・ド・ソレイユに家族で行ってきました。ダディが何年も前からずーーー…

  3. 「ジョージ先生のプライベートレッスン」

     毎週火曜日はウリを教えに我が家に来るジョージ先生。先生のコンピューターには膨な量の資料が詰め込まれ…

  4. Bioプロダクト

    工場内にて原料ハーブの倉庫見学です。ヨーロッパのオーガニック認定は大変厳しいらしく、年二回の自己管理…

  5. 「おばちゃんの手作り弁当」

     今年も近所の農家のおばちゃんに、手作り弁当を頼みました♥ほんとに美味しいの。おばちゃん料理上手…

  6. 「ぼぎちんアラビア語版、見本、届きました」

    ひえ~、全く読めないけど、なんだか立派な装丁だわ❤ しおりの紐がついてない代わりに、オリジナルのブッ…

  7. 久しぶりの小田原ヒルトン

    久しぶりの「小田原ヒルトン」。今回は和室だったので、ウェルカム・クッキーも和風の器に入り、椿の葉っぱ…

  8. 「今年の友チョコ」

    私の友チョコはこれ! モロゾフのフォアダムール。ウサギ型の箱が超かわいい❤ これはデザイン勝ちだね!…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP