白い月の魔法使いの年

20080306_122919これが今年(2007,7,26~2008.7.25)、「白い月の魔法使いの年」のマヤン・カレンダー。中央左にあるのがマヤの神聖歴ツォルキンで、これは二十日周期で繰り返される二十の太陽の紋章と、十三日周期で繰り返される十三の銀河の音で織り成される、260日で構成されている。この数、二十は人間の手足の数と同じで、十三は大きな関節の数と同じ。これも偶然ではなくて、有機的秩序。だから実は十三は神聖な数字、パワフルでラッキーなナンバーなんだけど、キリスト教がそのパワーをみんなに使われては困るので、「不吉な数」として封印してしまった。
実に、現代人が不自然な生活を余儀なくされ、ストレス地獄に陥って、環境もばんばん破壊して儲け主義に走ってきてしまったのも、ローマ法王13世がグレゴリオ暦(普通のカレンダー)を作り、一ヶ月三十日とか三十一日で生活し始めてしまったからなんだそうだ。日本にグレゴリオ暦が入ってきたのは明治からで、それ以前は旧暦で生活していたので、日本人は明治までは自然に沿って生活できていた(涙)。そう、私たち世代のおばあちゃんたちは、日々お天道様に感謝し、便所の神様に感謝し、お月様をありがたく眺め(八百万の神)、四季を楽しみ収穫に感謝し(祭)、時計なんかみないで、もっとゆったり生活していたもんね。一日二十四時間に定められた時計に従って生活するのも、疲れる原因らしい。時計は右回りで、ねじを締める、固定する方向。逆に、このカレンダーは左回り、これはねじのゆるむ方向で、私はなんか、魂を中心とした生命エネルギーの螺旋もこの方向みたいな気がする。
だからマヤンカレンダーに従って・・・は実際社会的に難しいからせめて意識して生活していると、この人工的な時間から解き放たれ、ココロととカラダの健康を取り戻し、有機的秩序を感じることができるようになるんだそうな。

二十八日周期・十三ヶ月

ちゃー先生

関連記事

  1. 「朝シャン❤」

      イタリア人経営のホテルらしく、イタリアンレストランは勝負どころ的にお素敵でした。そこの朝食ビュッ…

  2. 世界遺産畑の赤ワイン

    こちらは世界遺産にもなっている美しい段々畑で取れたブドウを使った赤ワイン。まろやかな中にも程よい渋み…

  3. 馬車に乗って帰る

    城の中はきんぴかでした。撮影禁止なのでお見せできませんでしたが、わたしゃ、ルードウィッヒはゲイだった…

  4. 横森式ベリーダンス健康法! ただいま製作中

     五月発売予定の「横森式ベリーダンス健康法」(ヴィレッジブックス刊)、ただいま製作中! これは誰でも…

  5. 「霧が立ち込めるラホヤの朝」

    今回、ビーチには朝晩霧が立ち込め、幻想的な風情を味わえました。海もかなり荒れていて、朝散歩も寒かった…

  6. 「調圧ルーム二時間で夜十時までOK!!」

     いつもは夕方にはへろへろになって九時には寝ている私ですが、調圧ルームに二時間入ったあとは、来たとき…

  7. 「ウリのゴールデンウィーク」

    霧島のワークショップはキャンセルになり、ダディはGW中も仕事。都内ホテルでお茶を濁されたウリ。でも、…

  8. 「こんな感じですが、どうですか?」

    仕上がってほっと一安心のお姉さん。ちょっとシャギーを入れて、モードっぽくしてみました(笑)。…

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP