「英語の家庭教師ジョージ先生とメリークリスマス!」

091225-1「英語はしゃべったもん勝ち!」(横森理香著・ヴィレッジブックス刊)の監修ジョージ先生は、ウリの小学校入学と同時に彼女の家庭教師となりました。クリスマスは毎年アメリカに帰るんだけど、今年はい~人出来たみたいで、ぎりぎりまで日本にいたの。長年の付き合いだけど、長い冬の時代が終わり(く~)やっと春が来たみたいで良かったよ。もう十年来の付き合いだから、姉のような気持ちで見守ってたんだけど、今回は結構イケるかも・・・(写真と話からして)。春、といえば、ロータスのヨガティーチャーは二人ともご懐妊♥♥♥なんか、いいエナジーまわってる気がする・・・婚活中の妊活中(ってゆーか?)の読者のみなさんも、来年こそ♥

「表参道のクリスマスデコレーション」

「英語の家庭教師ジョージ先生とメリークリスマス!」

関連記事

  1. 「カボチャのバッグにはお菓子がどっちゃり」

    カボチャのバッグには父兄が仕込んだお菓子が既にどっちゃり入っているのに、そのうえこの日の夕方、地元の…

  2. 川の水

    川の水はほら、こんなにきれい。ハヤの子供とかもいて、あ~、自分の小学生時代を思い出しちゃったなぁ。小…

  3. 「Summer Delights Recipie~焼きナスのサラ…

    連日の猛暑で食欲を失い、よれよれしているそこのアナタ! 私は、夏でも美味しく食べられるものを考えて作…

  4. 「小布施栗尽くし」

    ぶどう狩りのあと、小布施に案内してもらいました。小布施といえば、栗。まずはランチに栗おこわです。…

  5. 「バリのサンセット」

    バリに着いて最初のサンセットは、シャンティ、ウリ、ミッシェル、ジェシーと見ました。ダディは早速サーフ…

  6. 「現代美術館についてるお洒落なレストラン」

    でランチ。ズッキーニの花の中にサーモンムースが詰めてあるという洒落ぶり。オープンエアで、ハーバーが一…

  7. ポルトガルカフェのバースデーケーキ

    代官山のヒルサイドパントリーウェスト裏にあるナゾのポルトガルカフェ。なぜナゾかというと、ずーっとお店…

  8. 「ラホヤの町はぷちっと可愛い」

    ラホヤは「宝石」という意味のあるメキシカンな名前なぐらい風光明美。町もぷちっとして可愛く、高級住宅地…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP