「ガーン! 西洋占星術は占いではなかった!」

ロータスにて第二回目、葉月ユミ先生の「やさしい西洋占星術」講座にオブザーバーとして参加しました。事前に生年月日、出生地、出生時間を伝えてお き、個人のホロスコープを作ってもらって、その見方を簡単に説明してもらうこの講座、本来は七回講座でやっと初級が終わるというシリーズらしく、たった三 時間ではワケわからん、というのが正直なところ。ただ分かったのは、「占星術は占いではなかった!」というショーゲキの事実。090804-4

実は古来、天文学者が占星術師で、大変信憑性の高いものだったため、のちに教会の
弾圧によりアンダーグラウンドなものにされてしまい、「占い」というカテゴリーに入れられてしまったそうなんです。さらに近代において簡単に十二星座に分 けたものが「占い」として蔓延。でも、本来ホロスコープは込み入った、個人で全然違うものなので、「何座」とザックリ分けても当たり外れが・・・だから 「占い」になってしまったんだけど、実は・・・!
この地球と地球上の生きとし生けるものはすべて生まれた瞬間に天体の影響を受け
ているわけで(だから出生時間が一分違っただけでも運命がぜんぜん違うそう)、「こ
ういう星のもとに生まれた」というのはただの言い回しではなかった! ガーン! 個人のホロスコープは実に、自分自身を知るツールだったのです。
今回私が葉月先生をいいなと思ったのは、ホロスコープの読み方が実に前向きな切り方で、先生自身がめっちゃ明るいこと。クライアントが人生に対して前向き な気持ちになれるようにアドヴァイスしてくれるのがポイント高かったです。いや~、ほんっと、潜在意識レベルの「自分自身」が発していることが目の前の 「事実」として現れているのがよーっく分かって、私自身空恐ろしくなりまんした。つらいことも、「成長」のため与えられたことと考えると、にくったらしい 相手にも感謝の念が湧いて来ます。嗚呼これこそが、成長ってものじゃああ~りませんか!

「ガーン! 西洋占星術は占いではなかった!」

「Habu先生の着付け教室・浴衣篇」

関連記事

  1. カデ・スアンバラ先生!

    この人が、「ハッピー・ヨガ」を提唱するバリ人ヨガティーチャー、カデ・イアンバラ氏。僧侶の家系に生まれ…

  2. 「あかわいん~♪」

    娘の通う世田谷区立小学校には国語とは別に「日本語」という教科書があり、小学生に短歌や俳句も早期教育し…

  3. 「バイバイByron」

    ホテル至近のエスニック料理屋の犬。主人とともに出勤し、一日ここにいるから、すっかり懐いて友達に。「ま…

  4. 「フルーツバット」

    木の上には蝙蝠がたくさんぶら下がっています。ここがオーストラリアっぽいね。この方たちはフルーツを食べ…

  5. キャンプファイアー

    夜は村山の森でキャンプファイアー。この日は枝で火遊びをしていたウリたちでしたが、どうしてもマシュマロ…

  6. ナプキンまで女神!

    今年になって、「女神のダンスを踊り、自分の中の女神性に気づく!」 とみんなで言い始めてから、共時性が…

  7. ウリの早朝森散策

    こんな山奥にお泊まりしたことないから、ウリは翌朝五時半に目覚め、「外行く~」と・・・。パジャマにカー…

  8. 「鬼の洗濯板」

     自然の波でできたとは思えないぐらい整然とストライプができていて、上から見るとまさに鬼の洗濯板。つっ…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP