「ガーン! 西洋占星術は占いではなかった!」

ロータスにて第二回目、葉月ユミ先生の「やさしい西洋占星術」講座にオブザーバーとして参加しました。事前に生年月日、出生地、出生時間を伝えてお き、個人のホロスコープを作ってもらって、その見方を簡単に説明してもらうこの講座、本来は七回講座でやっと初級が終わるというシリーズらしく、たった三 時間ではワケわからん、というのが正直なところ。ただ分かったのは、「占星術は占いではなかった!」というショーゲキの事実。090804-4

実は古来、天文学者が占星術師で、大変信憑性の高いものだったため、のちに教会の
弾圧によりアンダーグラウンドなものにされてしまい、「占い」というカテゴリーに入れられてしまったそうなんです。さらに近代において簡単に十二星座に分 けたものが「占い」として蔓延。でも、本来ホロスコープは込み入った、個人で全然違うものなので、「何座」とザックリ分けても当たり外れが・・・だから 「占い」になってしまったんだけど、実は・・・!
この地球と地球上の生きとし生けるものはすべて生まれた瞬間に天体の影響を受け
ているわけで(だから出生時間が一分違っただけでも運命がぜんぜん違うそう)、「こ
ういう星のもとに生まれた」というのはただの言い回しではなかった! ガーン! 個人のホロスコープは実に、自分自身を知るツールだったのです。
今回私が葉月先生をいいなと思ったのは、ホロスコープの読み方が実に前向きな切り方で、先生自身がめっちゃ明るいこと。クライアントが人生に対して前向き な気持ちになれるようにアドヴァイスしてくれるのがポイント高かったです。いや~、ほんっと、潜在意識レベルの「自分自身」が発していることが目の前の 「事実」として現れているのがよーっく分かって、私自身空恐ろしくなりまんした。つらいことも、「成長」のため与えられたことと考えると、にくったらしい 相手にも感謝の念が湧いて来ます。嗚呼これこそが、成長ってものじゃああ~りませんか!

「ガーン! 西洋占星術は占いではなかった!」

「Habu先生の着付け教室・浴衣篇」

関連記事

  1. 「ハート型ストロベリーチョコ煎餅を食べるダディ」

    こ、こわい・・・ダディ。こういう人って、外国のヒッピープレイスによくいる・・・それが私の夫だなん…

  2. 「アボリジーニのディジュリジュ吹き」

    オーストラリアの原住民、アボリジーニのミュージシャン。ディジュリジュはもともと彼らの楽器で、木にアリ…

  3. 「お部屋から見た朝焼け」

     バリは一時間の時差があり、私とウリは暗いうちに目が覚めちゃったので、明るくなるまではお部屋で朝自習…

  4. 「お部屋の目の前にラグーンプール」

     ダディに「ウォータースライダーか流れるプールのあるホテルに泊まりたい」と言われ、苦肉の策がラグーン…

  5. 「マーク先生(アートティーチャー)とウリ」

     ジョージ先生の結婚式で、ウリが飽きちゃったら可哀想と、ご友人のマーク(アートティーチャー)の横に座…

  6. 「は~、終わった終わった」

    って、階段を駆け下りるウリ。どこに走ってってると思いますか? サロンの一階に、キャンディが置いてある…

  7. 「調圧ルーム二時間で夜十時までOK!!」

     いつもは夕方にはへろへろになって九時には寝ている私ですが、調圧ルームに二時間入ったあとは、来たとき…

  8. ボルティックス

    水力発電のボルティックス!…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP