ダイヤモンドイヤー

あけましておめでとうございます!

2016年元旦の初サンセットをカルフォルニアのラグナビーチで迎えました。マイレージがたまったので久しぶりにアメリカに行ってみたのですが、今回はいつもはしない典型的な観光をしてみようというテーマの旅でした。

ウリはこの十三年間、主な観光地には連れて行ってもらえず、サーフスポットばかりを旅してきたので、せめてアメリカの元祖ディズニーランドぐらいみせてあげたいと(´・ω・`)

アナハイムのディズニーランドはウォルト・ディズニーが初めて作ったところ。今年六十周年記念を迎えました。

私、全然ディズニーファンではないのですが、ここに入った途端、ディズニーマジックにかかってしまい、この像の前では泣きそうになってしまいました。

だって、ウォルト・ディズニーとミッキーマウスは「パートナー」なんですよ!

像の下に刻まれた言葉は、「ディズニーランドを親と子が一緒に楽しめる場所にしたい」なんですが、それを「ミッキーと一緒にやろう!」というウォルトの気持ち、志が伝わって来てしまったのでした。

その大きな夢は世界に広がり、六十年。五十三歳を目前にしてやっとその聖地に足を踏み入れることができました。

コペンハーゲンのチボリ公園とニューヨークのコニーアイランド遊園地をモデルにして作ったというここ、子供も大人も夜まで楽しく遊べるムード作りが素敵でした。

東京のディズニーランドではすぐ帰りたくなっちゃうんですが、時差もあり夜のライトも見てみたくてなんと六時間も滞在。パレードも夜のライトも見てしまいました。

二十歳の時、母と白夜のコペンハーゲン、チボリ公園に行ったとき、夜遅くまで小さい子供も駆け回っていて、それが許される特別な休日の幸せ感を味わいました。

コニーアイランドの遊園地はニューヨークにいた頃、当時の彼(現・夫)と遊びに行ったのですが、そのまんま夫婦になってウン十年。高齢出産で産んだ子供を十三歳で連れて来た、ということがまさに奇跡だと思います。

よく続いたというか、日々の功績が実っているというか(笑)。

日本では六十歳は還暦。大人女子としては、そこをダイアモンドイヤーとしたいですね。

Get  ready to be dazzled!

 

冬休み(´・ω・`)

新春エリナ先生W.S.

関連記事

  1. 「パワースポット・セントーサ島」

     現地情報によると今シンガポールで一番パワフルな場所はセントーサ島。島全体が家族で楽しめるアミューズ…

  2. 「裸足でビーチを散歩」

    夫たちに子供たちをビーチに連れてってもらい、Hanaeと私はガールズトークに花を咲かせていました。ほ…

  3. 笹生さんの本、出ました!

    去年の夏、私のオフィスに来て教えていただいたというか食べさせていただいたローフードの先生、笹生暁美さ…

  4. 奏者

    演奏が終わって、師匠とハッピーフェイスのトモコちゃん。すごいブスに写ってるけど、ほんとはアンジョ…

  5. 「ダディのプレゼントは特大バルーン」

     ダディのプレゼントは特大バルーン。八歳という年齢は、お姉ちゃんっぽくなったといってもまだまだ子供。…

  6. 「や~、いらはい・いらはい」

    って、ママは日本人だよ。カーチャンの大学時代からのお友だちで、同時に妊娠した高年齢出産組。妊娠中もつ…

  7. 「マデリーン先生❤再来日!」

    去年ロータスでワークショップを開いてくれたマデリーン先生が再来日。今回は品川に移ったピラティス・ムー…

  8. 「ドクター星野のぶっちゃけトーク」

     お医者さんによる、「賢い医者との付き合い方セミナー」。小児科医で、自身も欝や強迫神経症を経験。…

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP