ダイヤモンドイヤー

あけましておめでとうございます!

2016年元旦の初サンセットをカルフォルニアのラグナビーチで迎えました。マイレージがたまったので久しぶりにアメリカに行ってみたのですが、今回はいつもはしない典型的な観光をしてみようというテーマの旅でした。

ウリはこの十三年間、主な観光地には連れて行ってもらえず、サーフスポットばかりを旅してきたので、せめてアメリカの元祖ディズニーランドぐらいみせてあげたいと(´・ω・`)

アナハイムのディズニーランドはウォルト・ディズニーが初めて作ったところ。今年六十周年記念を迎えました。

私、全然ディズニーファンではないのですが、ここに入った途端、ディズニーマジックにかかってしまい、この像の前では泣きそうになってしまいました。

だって、ウォルト・ディズニーとミッキーマウスは「パートナー」なんですよ!

像の下に刻まれた言葉は、「ディズニーランドを親と子が一緒に楽しめる場所にしたい」なんですが、それを「ミッキーと一緒にやろう!」というウォルトの気持ち、志が伝わって来てしまったのでした。

その大きな夢は世界に広がり、六十年。五十三歳を目前にしてやっとその聖地に足を踏み入れることができました。

コペンハーゲンのチボリ公園とニューヨークのコニーアイランド遊園地をモデルにして作ったというここ、子供も大人も夜まで楽しく遊べるムード作りが素敵でした。

東京のディズニーランドではすぐ帰りたくなっちゃうんですが、時差もあり夜のライトも見てみたくてなんと六時間も滞在。パレードも夜のライトも見てしまいました。

二十歳の時、母と白夜のコペンハーゲン、チボリ公園に行ったとき、夜遅くまで小さい子供も駆け回っていて、それが許される特別な休日の幸せ感を味わいました。

コニーアイランドの遊園地はニューヨークにいた頃、当時の彼(現・夫)と遊びに行ったのですが、そのまんま夫婦になってウン十年。高齢出産で産んだ子供を十三歳で連れて来た、ということがまさに奇跡だと思います。

よく続いたというか、日々の功績が実っているというか(笑)。

日本では六十歳は還暦。大人女子としては、そこをダイアモンドイヤーとしたいですね。

Get  ready to be dazzled!

 

冬休み(´・ω・`)

新春エリナ先生W.S.

関連記事

  1. 「とうとうマーライオンタワーに登る」

     リフトでずぶ濡れになり、号泣したウリでしたが、帰ってお風呂であったまってごろごろしたら復活! ダデ…

  2. 「ニッポンの入学式!」

    自分が小学校に入学したときのことなんてトンと忘れていたけれど、日本の学校の入学式ってスゴイ。先生、来…

  3. インド映画マサラ上映

    インド映画「スチューデント・オブ・ザ・イヤー」はウリの通うインド人学校でもかなり流行っていて、み…

  4. 「これがお馴染のマーライオン」

     船から見たマーライオン。シンガポール観光のお土産といえば必ずついてるアレですが、富と繁栄のシンボル…

  5. 「ハナエちゃん旅立ちの会」

     ロータスのメイクアップ講座でも活躍した元ファッションバイヤーのハナエちゃんが、とうとう夫息の待つシ…

  6. 「スコール」

    シンガポールは雨季。午前中ピーカンでも、午後になって集中豪雨に襲われる毎日でした。ダッククルーズから…

  7. そしてここは…

    なんとマッド(泥)レスリング場。満月の夜に生徒と父兄、地元の人たちみんなが集まって、マッド・レスリン…

  8. ウリの誕生日プレゼント

    ウリ、五歳になり、ノートのキレっぱしに書いたカードと、小遣いで買った(近所の店で)お揃いのバッグ型ノ…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP