ダイヤモンドイヤー

あけましておめでとうございます!

2016年元旦の初サンセットをカルフォルニアのラグナビーチで迎えました。マイレージがたまったので久しぶりにアメリカに行ってみたのですが、今回はいつもはしない典型的な観光をしてみようというテーマの旅でした。

ウリはこの十三年間、主な観光地には連れて行ってもらえず、サーフスポットばかりを旅してきたので、せめてアメリカの元祖ディズニーランドぐらいみせてあげたいと(´・ω・`)

アナハイムのディズニーランドはウォルト・ディズニーが初めて作ったところ。今年六十周年記念を迎えました。

私、全然ディズニーファンではないのですが、ここに入った途端、ディズニーマジックにかかってしまい、この像の前では泣きそうになってしまいました。

だって、ウォルト・ディズニーとミッキーマウスは「パートナー」なんですよ!

像の下に刻まれた言葉は、「ディズニーランドを親と子が一緒に楽しめる場所にしたい」なんですが、それを「ミッキーと一緒にやろう!」というウォルトの気持ち、志が伝わって来てしまったのでした。

その大きな夢は世界に広がり、六十年。五十三歳を目前にしてやっとその聖地に足を踏み入れることができました。

コペンハーゲンのチボリ公園とニューヨークのコニーアイランド遊園地をモデルにして作ったというここ、子供も大人も夜まで楽しく遊べるムード作りが素敵でした。

東京のディズニーランドではすぐ帰りたくなっちゃうんですが、時差もあり夜のライトも見てみたくてなんと六時間も滞在。パレードも夜のライトも見てしまいました。

二十歳の時、母と白夜のコペンハーゲン、チボリ公園に行ったとき、夜遅くまで小さい子供も駆け回っていて、それが許される特別な休日の幸せ感を味わいました。

コニーアイランドの遊園地はニューヨークにいた頃、当時の彼(現・夫)と遊びに行ったのですが、そのまんま夫婦になってウン十年。高齢出産で産んだ子供を十三歳で連れて来た、ということがまさに奇跡だと思います。

よく続いたというか、日々の功績が実っているというか(笑)。

日本では六十歳は還暦。大人女子としては、そこをダイアモンドイヤーとしたいですね。

Get  ready to be dazzled!

 

冬休み(´・ω・`)

新春エリナ先生W.S.

関連記事

  1. 「あかわいん~♪」

    娘の通う世田谷区立小学校には国語とは別に「日本語」という教科書があり、小学生に短歌や俳句も早期教育し…

  2. 「なーんちゃってサーティフィケーション」

    ホテルのクッキングクラスの修了書。ウリのと私のと、額に入れて飾ってみました。これと、ホテルの名前入り…

  3. バリ島に家族旅行で行ってきました。

    ガルーダインドネシア航空はチェックインの際、予約するとほれ、こんな可愛い、インドネシア風の箱に入った…

  4. 「村山家の温泉」

     これが、村山さんのお父さんが掘って、敷地内から湧き出た温泉。そのあと旦那さんが浴槽を作って、み…

  5. ボルティックス

    水力発電のボルティックス!…

  6. こころからだGWスペシャル

    ゴールデンウィークはホテルニューオータニのプールが温泉プールになっているので泳ぎに行きます。プラ…

  7. こぼれスパークリング

    駒沢公園入口付近のアジアンダイニングで、「こぼれスパークリング」なるものの看板が出ていて、常々興味が…

  8. 「遠浅の海でいつまでも遊ぶ親子」

    雨が降ったりやんだりしてたけど、逆に曇り空のほうが日焼けの心配なく遊べて良かったかも。遠浅で水はあっ…

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP