「バイバイByron」

ホテル至近のエスニック料理屋の犬。主人とともに出勤し、一日ここにいるから、すっかり懐いて友達に。「またね」とウリ。
ちなみに今回、いろんなところでごはん食べて気がついたんだけど、オーストラリアは国を上げて成人病予防つーか、がん対策に乗り出してるね。なんせ、この店のラクサにも、麺物には不自然な大きさで緑黄色野菜がごろごろ入っていたし、サラダにはどこでも「焼きカボチャ」が乗っかっているという・・・。
「またローストパンプキンサラダかっ」みたいな・・・。

最終日、思い残すことなくロックオイスターと茹でエビを食べるため、Byron seafood marketに。実はバイロンベイで一番のお気に入りはここ。刺身レベルのいいネタとグルメ食材を揃えている魚屋。どーですか主人のスキンヘッドの色艶! 新鮮なシーフードは健康にいい!

サーフィンができないため、ダメ押しで「リリアナス・カフェ」に。サマーディライツをいただきました。

旅の最初と最後には必ず地元サーフショップに寄るダディ。今回はウリのボードも買ったので、ウリ用ボードケースを購入。ま、あんまり使わないと思うけどね。

波乗りできねーから、牛でも撮るか・・・。

高原に行き、牛に出くわすたんびに興奮していた幼稚園時代とは違って、牛にはあまり反応しなくなったウリ。ずいぶんと大人っぽい表情をするようになったもんだわさ。

「Byron珍道中編②」

Secret Lotus FEB. 2013 ♥二月のワークショップ告知♥

関連記事

  1. ドイツ旅行記

    「ミュンヘン空港」ルフトハンザでドイツに行ってまいりました。二十五年前、母とヨーロッパに行った際…

  2. 春休み

    春休み。久しぶりに静岡に行くよ!従姉妹に会えるのが楽しみで、自分で持ち物を準備したウリ。でも、バッ…

  3. 「新婚さん砂絵」

    新婚さんの泊まる部屋の前には、幸せを願う花付き砂絵が・・・。新婚さんのみならず、金婚式、銀婚式のカッ…

  4. 「茹でたての海老」

    もうひとつの名物は近海で採れる海老! 塩茹でして売られているのでそのまんま食べられます。超フレッシュ…

  5. 「友達が遊びに来てくれました」

    都内ホテル滞在のいいところは、友達を呼べること。一日目は学校の仲良し、二日目は幼馴染みが来てくれまし…

  6. がっつき

    しかし、子供にはお洒落、関係ない。歩いておなか空いてるのでこのがっつきぶり。海君なんかパスタ一本も分…

  7. ブランコ

    このブランコ、私も乗ってみたけど、ゆらゆらのゆれ具合がプリミティブで、気持ち良かったぁ。思わず、く…

  8. 「Waka di Ume(ワカ・デ・ウマ)」

    去年「ヨガ・ジャーナル」の取材でバリのヨガリトリートを超気に入ってしまい、家族旅行と言っても四泊と…

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP