「アティータのタイ・クッキング・クラス」

マーケットでの買い物のあと、シェフ・アティータ登場。「料理はアートだよっ」と力強く語るアティータ。「タイ料理がこんなに美味しいとは思わなかった。もっとオイリーで辛いものかと思ってた」と今回の印象を語ると、「タイ料理もこの十年で色んな国の料理に影響を受けて、洗練されたんだよっ」と、まるでおっかさんみたいな喋りのアティータは、早口だと料理は神業ってぐらい早いし、超忙しい人でした。

 

 

 

 

自家製チキンブロスを使ってトムヤムクンを作る私。先刻マーケットで見たフレッシュな食材で実際に料理してみると、なんかシェフな気分に・・・。「どこの国の料理にもスープはあんだろっ、料理には共通点がある。だから料理がやったことがある人なら、誰でもタイ料理も作れるんだっ」とまくしててるアティータ。参加者はオーストラリア人二人、アメリカ人四人、そして日本人一人(私)の計七人。「珍しくビッググループだわ~」と、アシスタントシェフ。ううっ、ロータスかよ?

 

最後に特大有頭エビを入れて・・・。これがまた超フレッシュ。「頭を取りたい人は取ってもいいけど、そのままにしたほうが味は出る」とアティータ。ふっふっ、取るわきゃねーでしょー。日本人は、ミソの美味しさを知っている。

 

 

 

最後にチャンツァイと赤トウガラシを飾って出来上がり。テラスにポータブルキッチンを設えてるから、そのまえのテーブルで出来た順から食べる。まさに出来たて、そして手前味噌、さらにシェフのレシピと材料、ホテルのテーブルセッティングなので、美味しかった~。

 

 

これがニ品め。揚げた魚と野菜の炒め物。三品目がタイカレーで、デザートはバナナのココナッツミルク。ワイン付き。というクラスだったんだけど私はここで早退しなければならなかったのじゃ。クラスの間もダディとウリが同じレストランでランチを食べつつ、まだかまだかと待っていて(汗っ)、像に乗りにいかねばならなかったので・・・。

「タイで象に乗る」

「お花屋さん」

関連記事

  1. 「我家のチョコパーティ」

     今年は14日当日が日曜日ということもあって、地味に家族だけでバレンタインデーを過ごした人も少なくな…

  2. アートなお蕎麦

    娘と良く行く自由が丘の「さらしん」というお蕎麦屋さん。この日はあんまりおなかが空いてなく、初…

  3. ブランコ

    このブランコ、私も乗ってみたけど、ゆらゆらのゆれ具合がプリミティブで、気持ち良かったぁ。思わず、く…

  4. 「なーんちゃってサーティフィケーション」

    ホテルのクッキングクラスの修了書。ウリのと私のと、額に入れて飾ってみました。これと、ホテルの名前入り…

  5. 「隣の雑居ビルに朝ラーを食べに行くダディ」

     朝からがっつり食べるのがシンガポーリアン。しかも家では作らないので、出勤前に朝定を食べるため、雑居…

  6. ドイツの朝食

    これは私が毎朝食べても飽きなかった朝食。ドイツパンは皮がさくっさくで中ふわふわ。思ったより軽くて香ば…

  7. 「カリフォルニアの食材」

    ラホヤに「We olive」というお洒落オリーブオイル屋さんがあって、奥がワインバーになっていて、海…

  8. 「勤労感謝の日」

     勤労感謝の日に、ダディとウリからカードをいただきました。「かあちゃん、いつもありがとう」。わ、分か…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP