「タイで象に乗る」

タイ観光ガイドにはエレファント・トレックが必ず載っているけど、まさか自分がほんとに乗るとは思っていませんでした。人生、何が起こるか分からないものです。これがその”象寄せ”、車寄せみたいな感じで、象がいます。

 

 

 

 

乗り場は二階ぐらい高いところだから、階段登って行きます。一匹の象が象使いのおじさんに呼ばれて寄ってきます。「はいはい~、お客さんだね~」。ウリ、目の前で見る象の大きさにあんぐり。

 

 

 

 

 

象の背中に付けられた座席に、不安げな顔をして乗り込みます。

 

 

 

 

 

 

象の頭はお尻? 巨大過ぎて乗ってても顔が見えません。ほんでのっしのっしと歩くわけですから、高いだけでなく、かなり揺れるんですわ。その状態で山道を登って行くわけですから、怖くてつま先に力入っちゃったよ。落ちたらどーしよー、まさか落ちないよねー、と心の中で・・・。「お肉鍋の歌でも歌う?」と、シンガポールでリフトに乗った時、怖さを緩和したあの歌を歌い始める私。「やめてよ」とウリ。怖がっていたのは、私だけでした。

 

 

ビューポイントではい、チーズ。ここで写真を取られて、お金も取られるわけだけど、帰りの下り坂がまたさらに怖かった~。でも、象は機嫌良くて(機嫌悪くても困るんだけどさ)、しっぽを振りながら、途中でウンコもオシッコもしながら(これがまたすごい量)、散歩を楽しんでいました。大きいだけに、穏やかな動物だね。あの、パオーンとかいって走っちゃうアフリカ象の映像は、非常時なのね。

 

「チェックアウト時のサンセット」

「アティータのタイ・クッキング・クラス」

関連記事

  1. 「Jaroon先生」

    彼がタイマッサージとバティックアートと瞑想とヨガの先生。しかしクラスが終わるとさっと制服に着替えてキ…

  2. 「とうとうマーライオンタワーに登る」

     リフトでずぶ濡れになり、号泣したウリでしたが、帰ってお風呂であったまってごろごろしたら復活! ダデ…

  3. 「Rika、木陰に逃げ込む」

     最前列に場所取りをしてくれていた二人を尻目に、直射日光に耐え切れず早々に大向こうの木陰に逃げ込む私…

  4. 高級エコリゾート!?

    とにかく広大な敷地の中に、全て竹と草で作られたエスニックながらデザインがモダンな施設が点在していて、…

  5. 「宮崎の冷や汁定食」

     これが宮崎名物、冷や汁と鳥の南蛮揚げ。冷や汁はサバだしですりごま入り。冷たい汁にあたたかいごはんを…

  6. 蛇が出た!

    ヨガ中なんと蛇が出た! 先生の後ろの庭ににょろにょろっとな。先生は怖がってすぐスタッフを呼びに行った…

  7. 「からだにいいこと」

     『からだにいいこと』で食事日記を一週間ぶんつけなきゃいけないので、ブログでも一部紹介するね~。…

  8. NaomiのSDからこにゃにゃちわ・コラム3「DOGGY POO…

    ‘Go Green’という言葉を良く耳にします。日本と同じでエコバック持参でお買いものに行くのは当た…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP