「タイで象に乗る」

タイ観光ガイドにはエレファント・トレックが必ず載っているけど、まさか自分がほんとに乗るとは思っていませんでした。人生、何が起こるか分からないものです。これがその”象寄せ”、車寄せみたいな感じで、象がいます。

 

 

 

 

乗り場は二階ぐらい高いところだから、階段登って行きます。一匹の象が象使いのおじさんに呼ばれて寄ってきます。「はいはい~、お客さんだね~」。ウリ、目の前で見る象の大きさにあんぐり。

 

 

 

 

 

象の背中に付けられた座席に、不安げな顔をして乗り込みます。

 

 

 

 

 

 

象の頭はお尻? 巨大過ぎて乗ってても顔が見えません。ほんでのっしのっしと歩くわけですから、高いだけでなく、かなり揺れるんですわ。その状態で山道を登って行くわけですから、怖くてつま先に力入っちゃったよ。落ちたらどーしよー、まさか落ちないよねー、と心の中で・・・。「お肉鍋の歌でも歌う?」と、シンガポールでリフトに乗った時、怖さを緩和したあの歌を歌い始める私。「やめてよ」とウリ。怖がっていたのは、私だけでした。

 

 

ビューポイントではい、チーズ。ここで写真を取られて、お金も取られるわけだけど、帰りの下り坂がまたさらに怖かった~。でも、象は機嫌良くて(機嫌悪くても困るんだけどさ)、しっぽを振りながら、途中でウンコもオシッコもしながら(これがまたすごい量)、散歩を楽しんでいました。大きいだけに、穏やかな動物だね。あの、パオーンとかいって走っちゃうアフリカ象の映像は、非常時なのね。

 

「チェックアウト時のサンセット」

「アティータのタイ・クッキング・クラス」

関連記事

  1. 「世界の不思議クイズカード」

    夕飯はまたメイヤー家で軽いものを。この日、ディセッショニスタHanaeのナビで、近所の激安スーパーで…

  2. 今月の御言葉

    忙しさにかまけてご報告してなかったんですが、村山さんとのワークショップは毎月続いています。ここ三ヶ月…

  3. ダディ一人でお休み

    ダディが一人で部屋で休みたいからって、「二人でネイルでもしてくれば?」と私たちを促したので、仕方なく…

  4. 「英語の家庭教師ジョージ先生とメリークリスマス!」

    「英語はしゃべったもん勝ち!」(横森理香著・ヴィレッジブックス刊)の監修ジョージ先生は、ウリの小学校…

  5. 「森のカステーラ」

     参加者の尚子さんが焼いて来てくれたカステーラ。ふわっふわで美味しかったぁ。大きくて、みーんなで…

  6. パイナップルのパンケーキ

    朝ごはんでオーダーしたパイナップルのパンケーキはライム添え。おっしゃれ~♥…

  7. イトコのお姉ちゃん

    やっと会えたね~。イトコのお姉ちゃんと。二日間ずーっと遊びっぱなしで、いい春休みの思い出となりまし…

  8. 「ウリ、ピンクのイルカに餌付け」

      ここの売りであるピンクのイルカ。水に入って餌付けできます。ウリいわく、頭を撫でたらふわふわだった…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP