「今年のボージョレー」

ボージョレー ボジョレーヌーボー解禁! と毎年大騒ぎしていますが、若い頃と違って「ふん、新酒ってだけで別に美味しくないじゃないの」と感動も薄れ・・・。ところが、ビノス・ヤマザキで「これはほかのと違って絶対美味しいですからっ。うちのバイヤーが試飲してきて感動したんですからっ」と熱弁をふるわれ、「ど~しよっかなぁ。じゃ、解禁日に来るから試飲させて」と頼んだところ、「限定品ですから予約しないとなくなっちゃいますよ」と強く言われたので予約してしまいました。

 ほんで、解禁日を楽しみにせざるを得なくなったので、じゃあつまみに何食ってやろうかなと、前の日から悩んでいました。というのも、なにせ若いワインなので、普通の赤ワインに合うお献立では合わないし、かといって白ワインに合うものでもちょっと違う。年によっても出来が違うし、ど~なんだろう・・・。結局決まらず、店頭で「今年のボジョレーに合うオススメのつまみ」を聞き、写真の「ボジョレージャム入り山羊のチーズ」と生ハム、ソーセージを買ってきました。

 飲み、食べ食べすすめながら「う~ん、なんかピンと来ないなぁ」と思っていて、なんと、一番合ったのが何だったと思いますか? シメで食べたミニ天丼。白エビと玉ねぎのらでいっしゅぼーや製冷凍食品。樹齢107年のぶどうを使用したこの特別なボジョレー(実際売り切れてた)は、なんと甘辛のジャンクな和食に合いました。ううんっ、日仏・味の幸せなマリアージュ❤ 今夜はカレイの甘辛煮つけで合わせてみようと思っています。

 あ、ちなみに、写真の山羊のチーズは、蜂蜜をしこたま混ぜてデザートとしていただきました。「レアチーズケーキみたい」とウリ様も納得。食いしん坊家族の夜はふけていったのでした。

「23日の朝からNTTドコモの<iチャネル>で、『40歳からハッピーに生きるコツ』の情報が流れます」

「ジョージ先生の腕をしっかと握り・・・」

関連記事

  1. 「おやつも自然派」

    石臼作業に疲れた子供たちに配られるのはパイナップルとスイカ。ここのカフェで売られるお菓子も全てオーガ…

  2. 「ワカ・デ・ウマ」レストラン

    ここは「ワカ・デ・ウマ」レストラン三階の、バリ風お座敷フロア。部屋もお座敷なので、日本人としてはすご…

  3. デサとスニ

    うちのポーチで寝るデサとスニ。…

  4. 笹生さんの本、出ました!

    去年の夏、私のオフィスに来て教えていただいたというか食べさせていただいたローフードの先生、笹生暁美さ…

  5. 「ジミー・ケイブ」

    ここです。観光名所となっているジミー・ケイブ。…

  6. 白い月の魔法使いの年

    これが今年(2007,7,26~2008.7.25)、「白い月の魔法使いの年」のマヤン・カレンダー。…

  7. バイロンのカフェめし

    今回バイロンで嵌ったのが、搾りたて生ジュースの「キャロット・アップル・ビーツ・セロリ・ジンジャー」ミ…

  8. ヒーリングミュージック

    「ワカ・デ・ウマ」のヨガスタジオでジャングルに向かって「ベリーダンス健康法」のプライベートセッション…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP