「今年のボージョレー」

ボージョレー ボジョレーヌーボー解禁! と毎年大騒ぎしていますが、若い頃と違って「ふん、新酒ってだけで別に美味しくないじゃないの」と感動も薄れ・・・。ところが、ビノス・ヤマザキで「これはほかのと違って絶対美味しいですからっ。うちのバイヤーが試飲してきて感動したんですからっ」と熱弁をふるわれ、「ど~しよっかなぁ。じゃ、解禁日に来るから試飲させて」と頼んだところ、「限定品ですから予約しないとなくなっちゃいますよ」と強く言われたので予約してしまいました。

 ほんで、解禁日を楽しみにせざるを得なくなったので、じゃあつまみに何食ってやろうかなと、前の日から悩んでいました。というのも、なにせ若いワインなので、普通の赤ワインに合うお献立では合わないし、かといって白ワインに合うものでもちょっと違う。年によっても出来が違うし、ど~なんだろう・・・。結局決まらず、店頭で「今年のボジョレーに合うオススメのつまみ」を聞き、写真の「ボジョレージャム入り山羊のチーズ」と生ハム、ソーセージを買ってきました。

 飲み、食べ食べすすめながら「う~ん、なんかピンと来ないなぁ」と思っていて、なんと、一番合ったのが何だったと思いますか? シメで食べたミニ天丼。白エビと玉ねぎのらでいっしゅぼーや製冷凍食品。樹齢107年のぶどうを使用したこの特別なボジョレー(実際売り切れてた)は、なんと甘辛のジャンクな和食に合いました。ううんっ、日仏・味の幸せなマリアージュ❤ 今夜はカレイの甘辛煮つけで合わせてみようと思っています。

 あ、ちなみに、写真の山羊のチーズは、蜂蜜をしこたま混ぜてデザートとしていただきました。「レアチーズケーキみたい」とウリ様も納得。食いしん坊家族の夜はふけていったのでした。

「23日の朝からNTTドコモの<iチャネル>で、『40歳からハッピーに生きるコツ』の情報が流れます」

「ジョージ先生の腕をしっかと握り・・・」

関連記事

  1. 「モロカンミントティでディナー」

     シンガポールはエスニック料理がどこもほんとに美味しくて本格的。しかも安いので、いろんな外国旅行をし…

  2. 「ウリちゃん世田谷に引っ越しました!」

    ここがおうちの横の桜並木です。思えば一年前の春、この桜並木に惚れてほぼ真横に住むことを決めてしまった…

  3. 結ってもらいました

    帯はつけ帯なのでラクラク。髪は「ロライマ」の石川知美さん(ウリが初めて髪の毛切ってもらった人)に結っ…

  4. 「夏休みの来日ラッシュ」

    夏休みでオーストラリアからも友だちが帰国していて、夜はその子んちでパーティ。オーストラリアは五歳から…

  5. ヨガ・バーン

    こちらはウブドゥにあるヨガスタジオ「ヨガ・バーン」。バリは今、インターナショナルなヨガのメッカになっ…

  6. 「ライトキャッチャー」

     シンガポール在住の読者、鈴木由美子さんが、里帰りついでにロータスにお寄りになり、ライトキャッチ…

  7. 「ラホヤのアザラシ」

    今回、アザラシは十三年前より元気になっていました。写真では分からないのですが、かなりアクティブになっ…

  8. 「ジュロン・バートパークのウリ」

     世界最大の鳥園ジュロン・バートパーク。英語のジョージ先生にひつこくひつこく「行け」と言われていたの…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP