親離れを秋祭りで味わう

一昨年の正月、オーストラリアはバイロンベイのサンデーマーケットで、友達のお母さんから買った子供用の斜の着物。

彼女は日本好きで、日本の古い着物を買い付けてリメイクして売っているのですが、これはそのまんま綺麗に飾られていました。

たぶん、どなたかが自分の着物を娘用に仕立て直したもので、手縫い。母の愛情が染み込んだものでした。

襟口などボロボロでしたが、生地のクラシックな美しさに惚れ、購入。その年の秋祭りに着せようと思っていたら、

「宿題が忙しいから行かない」

と言われ・・・。

小学校の六年間は父親と毎年、近所の神社の秋祭りには行っていたのですが、宿題を理由に断るようになったのです。

中一ともなると、親とお祭りに行っている姿を同級生に見られたくない、と思うようです。でも、まだ友達とだけ行くには勇気も出ず・・・。

でも今年はとうとう、近所の友達と子供だけで、しかも浴衣を着て行くという約束で、行くことになったのです(^^)/

夕方からのお出かけだから親としては心配だし、着物着せなきゃなんないから面倒だけど、大人になったもんだなぁとしみじみ。

また、地元の小学校に二年半でも通って良かったなと。そこで仲良くなった子と、今でもネットで繋がっていて、たまに会う仲良しなのです。

着物は、今年でギリ、ジャストサイズでした。間に合ってよかった~。

しかし後で気づいたら、なんと左前!!

自分で着るのと、人に着つけるのでは勝手が違う。何事も経験だなと思いました。

帰ってくるまでは心配もしましたが、八時までと言う約束は守り、友達の家からは友達のお母さんが見送ってくれました。

良かった良かった。こうやって大人になっていくのね。

その頃父親は、赤坂で仕事相手と焼肉。朝起きたらサーフィンでもういませんでした。

ケッ、長男も親離れかよっ。

 

 

キャットショーに行ってきました(^◇^)

アニマルチャリティのイベント大成功❣️

関連記事

  1. 降りてくれ~

    「ナオちゃん、私のダディに乗っていいよ~」(18.5キロ)「え~、いいの~」(24キロ)「は、早…

  2. 「マウイ再び」

    六年ぶりでマウイ島に行ってきました。ウリ九カ月で初めての外国はここマウイ。五歳までは毎年夏に馳せ参じ…

  3. 大豆粉のパンケーキ(^◇^)

    土曜日の朝(といってもまだ暗い)、マルコメから出ているダイズラボのパンケーキミックスで朝ごはんを作り…

  4. 「お昼は牡蠣南!」

     昨日は寒かったので、お昼は牡蠣南うどんにしました。黒七味かけて。牡蠣のお出汁でおいっすぃ~。嗚…

  5. 「鈴木さん家とカペラでお食事」

     最後の夜、泊まっていたアマラ・サンクチュアリの隣のゴージャスホテルCAPELAのチャイニーズレスト…

  6. 「最後はみんなでダンスタイム!」

    最後は審査委員長のウリまで参加して、みんなでダンス!ロータス発足してまだ七ヶ月しかたってないし、「ベ…

  7. 「バリ・スピリット・プレフェスティバル in 代々木」

    毎年春にバリ島ウブドゥで行なわれるヨガとダンスと音楽の国際的イベントに出る講師の先生たちが東京に集結…

  8. 「海から帰って来てもまだ磯遊び」

     グラスボートから上がってもまだしつこく磯遊び。飽きないのかね、この人たちは・・・は~、自分にお疲れ…

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP