親離れを秋祭りで味わう

一昨年の正月、オーストラリアはバイロンベイのサンデーマーケットで、友達のお母さんから買った子供用の斜の着物。

彼女は日本好きで、日本の古い着物を買い付けてリメイクして売っているのですが、これはそのまんま綺麗に飾られていました。

たぶん、どなたかが自分の着物を娘用に仕立て直したもので、手縫い。母の愛情が染み込んだものでした。

襟口などボロボロでしたが、生地のクラシックな美しさに惚れ、購入。その年の秋祭りに着せようと思っていたら、

「宿題が忙しいから行かない」

と言われ・・・。

小学校の六年間は父親と毎年、近所の神社の秋祭りには行っていたのですが、宿題を理由に断るようになったのです。

中一ともなると、親とお祭りに行っている姿を同級生に見られたくない、と思うようです。でも、まだ友達とだけ行くには勇気も出ず・・・。

でも今年はとうとう、近所の友達と子供だけで、しかも浴衣を着て行くという約束で、行くことになったのです(^^)/

夕方からのお出かけだから親としては心配だし、着物着せなきゃなんないから面倒だけど、大人になったもんだなぁとしみじみ。

また、地元の小学校に二年半でも通って良かったなと。そこで仲良くなった子と、今でもネットで繋がっていて、たまに会う仲良しなのです。

着物は、今年でギリ、ジャストサイズでした。間に合ってよかった~。

しかし後で気づいたら、なんと左前!!

自分で着るのと、人に着つけるのでは勝手が違う。何事も経験だなと思いました。

帰ってくるまでは心配もしましたが、八時までと言う約束は守り、友達の家からは友達のお母さんが見送ってくれました。

良かった良かった。こうやって大人になっていくのね。

その頃父親は、赤坂で仕事相手と焼肉。朝起きたらサーフィンでもういませんでした。

ケッ、長男も親離れかよっ。

 

 

キャットショーに行ってきました(^◇^)

アニマルチャリティのイベント大成功❣️

関連記事

  1. 「炒って挽いたものをふるいにかけ・・・」

     わ、これでやっとココアパウダーらしきものができた!!! 製品化されて売られているものしか見たこ…

  2. 「パトリック先生」

     先生はヨガジャヤのオーナー、パトリック先生。武士道精神とも言える正統的ヨガの教えを、しつこくし…

  3. 十三の月の暦で生活するようになると

    十三の月の暦で生活するようになると、実際どのような人になるか、というのがこの図。宇宙からはいいメッ…

  4. 変わった木

    そしてこんな変わった木も生えてるんだよ。今日はカーチャンに教えてあげた(実はウリちゃんはダディと、カ…

  5. 「この森の御神木様」

     村山家の山荘のまわり、四千ヘクタールの原生林の御神木様。この森のリーダーとして雄雄しく生い茂っ…

  6. バリ島の導師・カデ先生

    うひゃ~ん、うれぴー! バリ島の導師・カデ先生に一年ぶりの再会! 去年、「アナハタ」のやはり渓谷…

  7. 「Jr.DeeとシニアDee」

     ほんで日曜も義弟が歌うっつーんで代々木公園のジャマイカン・フェスに(汗っ)。ロータスではHa…

  8. 銀河の誕生日と地球誕生日

    今年の誕生日はなんと「銀河の誕生日」と「地球誕生日」が重なったダブルお祝いでした。「十三の月の暦…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP