キャットショー③

ゴッドマザー内池さんとお弟子さんの穂積さん。穂積さんは内池さん引退後、猫たちを引き継いだ方で、そこから脈々といい猫を繁殖しています。見てくださいこのシシェール君!

ふわっふわです。ここまでふわっふわにするには、毎日のお手入れがそれはもう大変だと思います。シャンプーをマメにして毛を一本一本根本からとかして死に毛を拭き、風を入れるんです。そして、そのふわっふわにした毛をショーの前は舐めないように、カラーを付けるのですわ。

審査直前までグルーミングをして、せっかくふわっとさせた毛が寝ないように、股下から手を入れて、審査ケージまで運ぶ。そういうのもぜーんぶ穂積さんから教わったのです。

いやー、勉強になったわー。穂積さんは山口県在住で、名古屋在住の長谷川さんも、キャットショーで会ったとき、一から穂積さんに色々教わったんだって。長谷川さんところのアンちゃんも穂積さんのキャッテリー「ろまね」出身。

こんな、股下の毛なんて普通の猫は大人しくとかさせてくれないんだけどなー。小さいときからやってるとやらせてくれるんだって。ま、まさに英才教育! おびただしい数のおリボンは、その成果だったのです。

うちの猫はコーム出すと逃げます。はい。

キャットショー②

ハワイアンキルト教室

関連記事

  1. 「橋のあるガーデンプール」

     このプールに来て25年前を思い出しました。大学時代の女友達と初めてのバリ島旅行。この橋を泳いで…

  2. 「アラブストリート」

     これがアラブ人街のメインストリート。やはり軒並み絨毯屋やアラブ物屋が並ぶわけだけど、実はこの裏通り…

  3. 「チャナンを流しに川に向かう」

     作ったお供えを流しに川に向かっています。ハンパじゃない自然環境でしょう? 生徒はこの川で泳いだりも…

  4. 「ケーキ返しっ」

      四十七回も誕生日を迎えると、友達にも何送ったらいいか分からなくなってくるので、ケーキとか花?…

  5. 「英語の家庭教師ジョージ先生とメリークリスマス!」

    「英語はしゃべったもん勝ち!」(横森理香著・ヴィレッジブックス刊)の監修ジョージ先生は、ウリの小学校…

  6. 「ジョージ先生の腕をしっかと握り・・・」

     こちらがそのおばあさま。孫娘が自分の花嫁衣装を着てアメリカ人と結婚❤ なんか、「私がアンタの年だっ…

  7. 「砂絵」

     今はメリアバリという名前になっているこのホテル。ビーチからプールに向かう道に毎日「よい○曜日を!」…

  8. たけちゃんトーク

    ショーの前にたけちゃんとベリーダンスの出会い的お話をみんなで聞きました。もともと、あらゆるジャンルの…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP