諏訪大社参拝

朝五時四十五分ロビー集合、若女将のナビで諏訪大社を参拝。

大社まで十分ほど近所の観光案内もあり、女神伝説の「綿の湯」が湧きだしたポイントでたたずむウリ。江戸時代の様子を説明する若女将。

中山道をずーっと行くと岐阜、甲州街道は新宿まで。その二本がクロスする下諏訪は、温泉に浸かり旅人が疲れを癒す宿場町だったとか。そんな面影を残す風情のある街並みです。

大社の鳥居まで徒歩十分、冬のような寒さで薄着の私達はプルプルしていましたが、早朝の神聖なムードはやはり素晴らしかったのです。

参道の真ん中は、神様が通る道だから、人は両脇の階段を上るもの、というのも若女将のナビで初めて知りました。

 

 

 

 

和みのヨーガ、キレイになる編、発売しました!

早朝の諏訪大社

関連記事

  1. 「夜のプールサイドでガールズトーク」

    ダディがぜんぜん帰ってこなかったので、子供はプールで遊び続け、女たちは延々とトロピカルカクテルを飲み…

  2. ザ・ブセナテラス

    ダディのチョイスでお素敵なホテルに泊まりました。ブセナテラスのブセナって、イタリア語かなんかと思って…

  3. エアポートホテル

    シンガポールのエアポートホテルは野外プールもついているので、トランジットで一泊してもかなり楽しめる。…

  4. 「花岡道子さん展覧会」

    自由ヶ丘のCOCOLO cafeに花岡道子さんの絵が展示されているので、早速行ってきました。ハワイか…

  5. わんぱくらんど

    陶夢らんどにはこんな立派なプレイグラウンドもあり、ウリとまりんちゃんは盛り上がってしまいました。…

  6. 「観覧車の上から見たハーバーブリッジとルナパーク入り口」

    夜になり、ライトがついてくるとますます遊園地はファンタジックな装いを見せてくれます。しかもルナパーク…

  7. 小さい村の中に住んでいるよう

    ウリは朝ごはんの間にも犬を追っかけまわして庭に出て行きます。でもここはこじんまりしていてレストランも…

  8. 「若者ブティック」

     ここが私の嵌った若者ブティック。全部20ドルとか30ドル(しかもシンガポールドルなので三割安)とか…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP