「Byron珍道中編①」

一月四日の朝、ダディがサーフィンでふくらはぎを故障。初めてバイロンメディカルセンターに行きました。通訳として診察室に入ろうとしたら、ドクター・マシューに、「君、咳してるね。廊下で待っててくんないかな?」と言われ・・・「あの、通訳が必要なんで」と言うと、双子の赤ちゃんの写真を見せられ、「この可愛い双子が生まれたばっかりなんだよ」と・・・。
しょうがないんで私は廊下で待ち、ウリが通訳として残りました。が、単語が分からんたんびに出てきて、「カーチャン、スウォランってなに?」「ティアーってなに?」
「コンプレッションって? エレベーションって?」と。おいっ、それで英検二級受かったんかい?!
結局、筋がちょこっと裂けて腫れてるから、鎮痛消炎剤を飲み、三日間松葉づえ、足を高いところにおいて安静。一日三回氷で二十分間冷やし、サーフィンは一カ月禁止、これで治んなかったら理学療法を試してみろとの診断。面白かったのが、向こうって松葉づえ、薬局で借りるんだよ。へえっ。

ダディが部屋で安静状態になってしまったので、カーチャンと小さい頃よく行ったアイスクリーム屋さんに行ってみました。ウリちゃん十歳。幼稚園の頃とおんなじようには喜んでくれなかったなぁ。

幼稚園の頃はビーチフロントの公園でいつまでも遊んでくれたものですが、今は五分ぶらんこ乗っただけで終わり。ま、当然か。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「もう大丈夫だからドライブ行こうぜっ」と、山奥のヒッピー村、ニンビン
へ・・・。二日目で松葉づえも投げ捨て、ワイルドだぜっ。

 

 

 

 

 

 

商店街ではヒッピーのお姉さんが、「お寺に捨てられてた猫なんだけど、もらってく
んない?」と、里親を募集していました。

 

 

 

 

 

えーっと、日本から来てるんで、連れて帰ることはできないんですけど、抱っこしていいですか? とウリ。

「クリスタルキャッスル」

「Byron珍道中編②」

関連記事

  1. 「It's a small wold」

    来日中のニューヨークの双子、カナとカイリのお友だちが台湾に里帰りしていて、ツアーで東京ディズニーラン…

  2. 「東京のクリスマスデコレーション」

    今年からまた表参道のデコレーションが始まるからか、今年は派手だわ~。不況を吹き飛ばすってコンセプトな…

  3. 「ウリ&シャンティ、サーフィンに出発!」

    翌日、ウリもクタの街で買ったサーフウェアに着替えて、いざ出陣。エアポート近くのビーチから船に乗って、…

  4. 「毒だしハーブ」

     これがその、アラブ人のおばあさんから分けてもらったという毒だしハーブ。ほんとにすごいデトックス力で…

  5. 「アンゲリカさんとお茶♥」

    ドイツのオーガニックメーカー、サルス社のアンゲリカさん来日! お茶のお稽古にお連れしました。なんとア…

  6. 築地の野菜卸

    目にも鮮やかな野菜料理の数々が繰り広げられるわけですが、ほんとに野菜ひとつひとつがしっかりした味で、…

  7. 「同じ体型と歩き方の親子」

    海に向かうダディとウリ。家族旅行といっても、私しか写真撮ってないので、ウリとダディのラブラブ二人旅み…

  8. 「クリスタルキャッスル」

    バイロンベイは七十年代に都会のインテリヒッピーたちが大学をドロップアウトして移り住んだエリアなので、…

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP