写経、初体験!

20080617_101016「写経、初体験!」

新しい本の取材で、五反田にある薬師寺 東京別院に行ってきました。五反田の駅からそう離れていないのに、いきなり石畳の坂があり登ると・・・看板が

20080617_101523「お香の匂いに誘われて・・・」

東京別院ビルに入ると、受付をしているうちにお茶が用意されます。それも庭園前に(なんて素敵)。この一服をいただいているうちに、電車に乗って人波に揉まれてここへ来たことも忘れてしまう感じ。

20080617_102510「硯と墨」

何十年ぶりかで硯で墨をすった。私たちの頃って小学校でお習字必修だったから、字ぃ下手な人(私)でも、墨ぐらいすったことがある。ってのが逆にすごいなって思った。全くそういう体験ない外国人がいきなりここに来ても、真ん中の入れ物に水が入ってて、それを硯にたらして墨をする、ってことが皆目見当もつかないでしょう
からね。そして筆の使い方も・・・上手い下手はともかくとして、文鎮の使い方とか、体が覚えてて出来たことに、なんだかプライドを覚えちゃったなぁ。日本人として。
初写経・・・お経の意味はよく分からんかったが、素晴らしい鎮静効果がありました。参加費はたった二千円。ご興味のある人はぜひ。

20080617_102458「般若心経」
ううっ、どっかで見たことあるものが文鎮の上に!
そう、先月「プルミエ」の取材で座禅体験に行ったとき、この般若心経を配られ、音読したばかり。それが今度は写し書きすることに!

20080617_102304「股の下から清めるのじゃっ」

そしてこの香炉をまたいで、体を清め、写経を始めます。

20080617_102133「輪袈裟(わげさ)」

編集者・武居の首にかけられたのは「輪袈裟」というもの。お坊さんの袈裟の代わりだそうです。参加者はこれをかけて、入室します。

20080617_102122「初めての方も大歓迎ですよ!」

気さくな係の人に説明を受け、いざ初写経!

写経室に入る前になんと丁子(グローブ)をひとつ口に含み、
「これで体の内側からお清めをします」
えー、ちょっとびっくり。丁子といえば冬にホットブランデーとかに入れるもの
じゃ・・・。

今月の御言葉 六月

キャンドルナイト 2007夏至

関連記事

  1. 「外国語を維持するのはチャレンジング」

    帰国子女でも、日本の学校に通い始めるとポンと英語を忘れてしまうのが子供の常。それをキープするのは至難…

  2. 「調圧ルーム」

     飛行機が上がったり下がったりするぐらいの気圧を、ワンセッション(1500円)五十分で何度も繰り返し…

  3. 「シンガポールでお雑煮❤」

     シンガポールのオーチャードロードはデパ地下に美味しいお蕎麦屋さんも入っていて、年越し蕎麦も作る必要…

  4. セルフサービスコーナー

    これはロビーにおいてったハーブティのセルフサービスコーナー。でも、マシーンからお湯が出なくて、ウェイ…

  5. 新刊「人生を踊るように生きて行こう」書店さん回り♥

    新刊「人生を踊るように生きて行こう」の発売に合わせて、都内いくつかの書店さんに御挨拶まわりに行ってき…

  6. 「Kahinaベリー❤続き」

    まずはストレッチと足のマッサージから。さすが、齢40になるベリーダンサーだけに、準備運動は丹念です…

  7. 「18階のお部屋からは虹が・・・」

     この日は暴風雨~晴れ、暴風雨~晴れというめちゃくちゃなお天気で、夕方なんと虹が見えました。東京で虹…

  8. 「Rock oyster」

    大人はやはり、この時期旬のロックオイスターと白ワイン。今回の旅は、ディセッショニスタHanaeの提案…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP