写経、初体験!

20080617_101016「写経、初体験!」

新しい本の取材で、五反田にある薬師寺 東京別院に行ってきました。五反田の駅からそう離れていないのに、いきなり石畳の坂があり登ると・・・看板が

20080617_101523「お香の匂いに誘われて・・・」

東京別院ビルに入ると、受付をしているうちにお茶が用意されます。それも庭園前に(なんて素敵)。この一服をいただいているうちに、電車に乗って人波に揉まれてここへ来たことも忘れてしまう感じ。

20080617_102510「硯と墨」

何十年ぶりかで硯で墨をすった。私たちの頃って小学校でお習字必修だったから、字ぃ下手な人(私)でも、墨ぐらいすったことがある。ってのが逆にすごいなって思った。全くそういう体験ない外国人がいきなりここに来ても、真ん中の入れ物に水が入ってて、それを硯にたらして墨をする、ってことが皆目見当もつかないでしょう
からね。そして筆の使い方も・・・上手い下手はともかくとして、文鎮の使い方とか、体が覚えてて出来たことに、なんだかプライドを覚えちゃったなぁ。日本人として。
初写経・・・お経の意味はよく分からんかったが、素晴らしい鎮静効果がありました。参加費はたった二千円。ご興味のある人はぜひ。

20080617_102458「般若心経」
ううっ、どっかで見たことあるものが文鎮の上に!
そう、先月「プルミエ」の取材で座禅体験に行ったとき、この般若心経を配られ、音読したばかり。それが今度は写し書きすることに!

20080617_102304「股の下から清めるのじゃっ」

そしてこの香炉をまたいで、体を清め、写経を始めます。

20080617_102133「輪袈裟(わげさ)」

編集者・武居の首にかけられたのは「輪袈裟」というもの。お坊さんの袈裟の代わりだそうです。参加者はこれをかけて、入室します。

20080617_102122「初めての方も大歓迎ですよ!」

気さくな係の人に説明を受け、いざ初写経!

写経室に入る前になんと丁子(グローブ)をひとつ口に含み、
「これで体の内側からお清めをします」
えー、ちょっとびっくり。丁子といえば冬にホットブランデーとかに入れるもの
じゃ・・・。

今月の御言葉 六月

キャンドルナイト 2007夏至

関連記事

  1. 今年最後のホワイトアスパラガス

    季節ぎりぎり、最後のホワイトアスパラガスだそうです(アンゲリカさんがチョイスしてくれました)。チーズ…

  2. 「そしてまた夕日を見に行くのさ」

    カーディフのサーフポイントで波チェックがてら夕日を見に。&n…

  3. Tシャツの感想をいただきました♪

    ロータス♥オリジナルTシャツをご購入下さった桃崎和子さんからのメールです。嬉しかったので、本人の許可…

  4. カーチャンのドイツ土産

    Uriに買ったお土産はこれ。お風呂セットです。外国の子供用シャンプーやソープは遊び心があってやっぱり…

  5. 「大人女子本八刷決定、目指せ十万部!」

    『40代 大人女子のための"お年頃"読本』が三宿のTSUTAYAでエッセイ部週刊一位になったと、ロー…

  6. 「あ~、楽しかった」

    って、ホテルに帰って来たの11時だよ。冬休み満喫。社会復帰が難しくなりそ~。…

  7. 「子供はやっぱりデザート!」

    どんだけ点心類を食べても、子供はやっぱりデザートを注文するんです。この嬉しそうな顔! いやー、も、入…

  8. 「シャンティお泊り♡」

    というわけでうちの部屋にシャンティお泊り。キングサイズのベッドを二人で縦横無尽に回転しながら寝ていま…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP