「ぼぎちん、アラビア語版、出来❤」

「ぽぎちん バブル純愛物語」が英語版、ドイツ語版に引き続き、なんとアラビア語版に翻訳されました。ドイツ語版からそうだけど、著者本人が、読めねーっつーの。どう訳されているかは藪の中だけど、アラブ圏の人がこの物語をどう読むのか? っていうのも知りたいところ。

英語圏はともかく、ドイツ、アラブと予測不可能な路線で飛んだこの話、縁のあるところばかりと言えば言える。ドイツは母が好きでよく行っていたところで、私もサルス製品愛好者かつアンゲリカさん(サルス社長令嬢)とお友達という縁。アラブは、やっぱベリーダンスですかねぇ。

健康法としてのベリーダンスを提唱しているものの、その根底にあるのは「男尊女卑」という社会構造。卑しめられても卑しめられても、傷ついても傷ついても、家庭内で酷使されボロボロになっても、踊れば優雅でいられるベリーダンスは、まさに私たち先進国の知的女性にも、必須の健康法と言えるでしょう。

しかし、なんで海外で日本の小説が翻訳されると、ゲイシャガール風の表紙になんのかねぇ。日本人女性、エキゾチック、神秘的=ゲイシャって、オヤジかよっ。

「ロータスに赤ちゃんがやってきた!!!」

「目新しいことにはすぐ飛びつくウリ」

関連記事

  1. 「家族で運だめし」

     もちろん、家族全員五個ずつ投げましたよ。男は左手、女は右手で投げると決まっていて、ダディはメタボ対…

  2. 「月のサイクルヨガ体験!」

     品川のプリンスホテルさくらタワーで「月のサイクルヨガ」を体験しました! 講師はインドで修業を積まれ…

  3. 「イタリアンレストランでピザメイキング」

    子供用の雨の日プログラムであったピザメイキングクラス。参加者はウリ一人! なんともロータスっぽいこの…

  4. バイエルン人登場!

    今回の旅は、私の愛飲している鉄分サプリ「フローラディクス」のサルス社を訪ねるのが目的でした。完全オー…

  5. これは私がいた部屋の窓

    これは私がいた部屋の窓。すぐ横には朝市が・・・。採れたて熟れ熟れのベリーやイチジク・・・…

  6. どどーんとルードウィッヒ城

    ルードウィッヒニ世といえばビスコンティの映画「ルードウィッヒ~神々の黄昏」でも御馴染み、贅を極めた城…

  7. 「横森式早起き本、文庫化出来!」

    2007年に出版された『開運生活! カラダとココロの早起き術』から早五年、文庫化に当たって、書きなお…

  8. 「種をローストしているところ」

     学校に戻ってオーガニックチョコレート作り。すでに一週間と五日、干してある種をローストしてみます。…

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP