「ぼぎちん、アラビア語版、出来❤」

「ぽぎちん バブル純愛物語」が英語版、ドイツ語版に引き続き、なんとアラビア語版に翻訳されました。ドイツ語版からそうだけど、著者本人が、読めねーっつーの。どう訳されているかは藪の中だけど、アラブ圏の人がこの物語をどう読むのか? っていうのも知りたいところ。

英語圏はともかく、ドイツ、アラブと予測不可能な路線で飛んだこの話、縁のあるところばかりと言えば言える。ドイツは母が好きでよく行っていたところで、私もサルス製品愛好者かつアンゲリカさん(サルス社長令嬢)とお友達という縁。アラブは、やっぱベリーダンスですかねぇ。

健康法としてのベリーダンスを提唱しているものの、その根底にあるのは「男尊女卑」という社会構造。卑しめられても卑しめられても、傷ついても傷ついても、家庭内で酷使されボロボロになっても、踊れば優雅でいられるベリーダンスは、まさに私たち先進国の知的女性にも、必須の健康法と言えるでしょう。

しかし、なんで海外で日本の小説が翻訳されると、ゲイシャガール風の表紙になんのかねぇ。日本人女性、エキゾチック、神秘的=ゲイシャって、オヤジかよっ。

「ロータスに赤ちゃんがやってきた!!!」

「目新しいことにはすぐ飛びつくウリ」

関連記事

  1. ぎん月のお食事

    「神在月のお献立」がついた夕飯。十月は神無月なのですが、諏訪大社には神様がいらっしゃるそうで、こ…

  2. プールサイドでタキシードとマーメイド・ドレス

    これがご主人のトムさん。いい男だろ~?(って、オバチャンかい)プールサイドでタキシードとマーメイド…

  3. 「サンセットクリフの夕暮れ」

    買い物から帰ると、休む暇なく「サンセットクリフに夕日見に行こうぜっ」とダディに言われ、また車で出動。…

  4. 「ジョージ先生、結婚おめでとー!」

     稚書『英語はしゃべったもん勝ち!』監修、ロータスの英会話教師も勤めるジョージ先生がご結婚されました…

  5. 「グラスボートでお魚を見に」

     最終日、ダメ押しで観光アクティビティを。グラスボートでお魚を見に行きませんか? という典型的なやつ…

  6. 「マウイ再び」

    六年ぶりでマウイ島に行ってきました。ウリ九カ月で初めての外国はここマウイ。五歳までは毎年夏に馳せ参じ…

  7. がっつき

    しかし、子供にはお洒落、関係ない。歩いておなか空いてるのでこのがっつきぶり。海君なんかパスタ一本も分…

  8. 朝ごはんも一緒

    こっちがデサ。一泊目はデサ一匹がついてきて朝までいたけど、二泊目はスニまで来て二匹で朝までいた! 動…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP