「タイのローカルマーケット」

ホテルのタイ料理に感銘を受けた私は、アティータ・シェフのタイ・クッキング・クラスに参加。まずは地元のマーケットで食材のお勉強。入口のトロピカルフルーツと妙~に似合う自分が怖い。

 

 

 

 

 

アテンドはアシスタントシェフ。干し魚売り場でカレーの旨みとなる食材を説明。「特にこのペーストはカレーには欠かせないものなんです」。どこの国も旨みといえば干し魚。それもちょっと発酵させているものが珍重されるけど、ここの干し魚も、香港のはみゅいに負けず劣らず、臭かったなー

 

 

 

一番左のショウガに似たヤツがガリンガル。トムヤムクンの材料で、ショウガの類だけど私たちが使うショウガとはちょっと違うの。隣はレモングラス。

 

 

 

 

 

野菜の種類が豊富で、今回発見だったのが、すごい細いセロリがみじん切りにして美味しいということ。チャンツァイみたいにスープの浮き身にしたり、おからみとしておかゆに使ったりするんだけど、驚きのフレイバー。帰って来てからも早速細めのセロリを購入して、葉の先まで刻んで試してみました。うーん、葉先は捨ててた過去が悔やまれる。

 

 

手前がタイ料理に欠かせないカフィルライムと、その横がベビーエッグプラント。これが、こなすと違ってほんとに若いナスで、カレーに入っててなんだか分からなかったもの。メロンの子供かな~と思っていたけど、ナスでした。そして市場で驚いたのは、これよりもっと小さいナスも料理に使うそうで、それはまるで、ブドウのように枝に鈴なりになった状態で売られていました。う~ん、タイ人の食への探求も深いね。

「お花屋さん」

「タイ料理の印象が変わった!」

関連記事

  1. 「ば、バカンスとは・・・」

    か、カメにブーゲンビリアを乗っけてみました・・・って、最近、意味のあることしかやってないから、この休…

  2. 「バリ・スピリット・プレフェスティバル in 代々木」

    毎年春にバリ島ウブドゥで行なわれるヨガとダンスと音楽の国際的イベントに出る講師の先生たちが東京に集結…

  3. 「いろんなものを使って自然の音を出す」

     残り四日間は、ガムラン奏者・櫻田素子先生の音楽ワークショップ。いろんなものを使って風や海の音、虫や…

  4. 「ニッポンの入学式!」

    自分が小学校に入学したときのことなんてトンと忘れていたけれど、日本の学校の入学式ってスゴイ。先生、来…

  5. お雛様2015

    今年は子猫がいるので、こんなことになってしまいました。猫って、なんでやっちゃいけないこと嬉々とし…

  6. 「これがそのエスカレーター」

     あなたは、登れますか? 長過ぎててっぺんが見えない!!!…

  7. 「ロータス夏合宿2009 in Shimoda」

    ビューティフル!宿泊先「稲七」のまん前のビーチで、地元に里帰りしている妊婦の中西ちずるさん(臨月)…

  8. ガムラン演奏

    ここは「ワカ・デ・ウマ」のロビー(夜)。食事から帰ってくると(つーか三階から降りてくると)、警備員が…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP