「タイのローカルマーケット」

ホテルのタイ料理に感銘を受けた私は、アティータ・シェフのタイ・クッキング・クラスに参加。まずは地元のマーケットで食材のお勉強。入口のトロピカルフルーツと妙~に似合う自分が怖い。

 

 

 

 

 

アテンドはアシスタントシェフ。干し魚売り場でカレーの旨みとなる食材を説明。「特にこのペーストはカレーには欠かせないものなんです」。どこの国も旨みといえば干し魚。それもちょっと発酵させているものが珍重されるけど、ここの干し魚も、香港のはみゅいに負けず劣らず、臭かったなー

 

 

 

一番左のショウガに似たヤツがガリンガル。トムヤムクンの材料で、ショウガの類だけど私たちが使うショウガとはちょっと違うの。隣はレモングラス。

 

 

 

 

 

野菜の種類が豊富で、今回発見だったのが、すごい細いセロリがみじん切りにして美味しいということ。チャンツァイみたいにスープの浮き身にしたり、おからみとしておかゆに使ったりするんだけど、驚きのフレイバー。帰って来てからも早速細めのセロリを購入して、葉の先まで刻んで試してみました。うーん、葉先は捨ててた過去が悔やまれる。

 

 

手前がタイ料理に欠かせないカフィルライムと、その横がベビーエッグプラント。これが、こなすと違ってほんとに若いナスで、カレーに入っててなんだか分からなかったもの。メロンの子供かな~と思っていたけど、ナスでした。そして市場で驚いたのは、これよりもっと小さいナスも料理に使うそうで、それはまるで、ブドウのように枝に鈴なりになった状態で売られていました。う~ん、タイ人の食への探求も深いね。

「お花屋さん」

「タイ料理の印象が変わった!」

関連記事

  1. 「真剣な顔でお花を摘む子供たち」

     ウリの横にいる九歳のお姉ちゃんは、タイに住んで四カ国ミックスという国際派。すごくしっかりしていて、…

  2. 「生徒ボランティアもイケてる」

     子供たちの遊びをヘルプしている14歳のお姉ちゃんはグリーンスクールの生徒ボランティア。金髪で超美形…

  3. 「新婚さん砂絵」

    新婚さんの泊まる部屋の前には、幸せを願う花付き砂絵が・・・。新婚さんのみならず、金婚式、銀婚式のカッ…

  4. 「お色直しはおばあさまのお着物❤」

     マリコさん、お色直しはおばあさまのお着物❤ 遠藤波津子もびっくりなほどクラシックかつビューティフル…

  5. 抱擁の聖人アンマ来日!

    私の本にもよく出てくる抱擁の聖人アンマが今年も来日します。「彼女は、特筆すべき天使です」とシャロン・…

  6. 「経験者が語る大地震対策」

    ロータス京都支部長KAZから転送されたメールです。参考までに。震度7の真上にいた人間として、どう…

  7. 「毎年、村山さんから薔薇の贈り物」

     今日、5/19は私の、四十八回目の誕生日。毎年、霧島の村山さんからフラワーバス&シャワー用盛りだく…

  8. 「あかわいん~♪」

    娘の通う世田谷区立小学校には国語とは別に「日本語」という教科書があり、小学生に短歌や俳句も早期教育し…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP