三号室

20080702_015840「三号室」
これは私が泊まった部屋のドア。二重ドアになっていて、外扉には鍵がなく、内扉で鍵を開ける形になっていた。

20080702_015825「クラシックなホテルルーム」
ここが私の泊まった部屋。微に入り細に入りクラシックかつロマンティックな内装で、天井はめっちゃ高い。ドイツでは天井高3.5mなんてのは当たり前で、古い建物になると四メートルあるところもあるそうな。ベッドのコンフォーターも素晴らしく、正方形の大と、長方形の少、という微妙なサイズ&形の羽毛枕も、ベッドメイクの細には二つに折りたたんでくれる羽毛布団も気に入った!

20080702_020036「お水はガス入り」
お部屋についているお水は天然の微発砲水。山を越えればオーストリアという国境にあるここバイエルン地方は、スプリングウォーターの産地が多く、ガス入りとガスなし両方あるが、なぜかガス入りのほうがメジャー。フルーツやお花のシロップをお水で割って飲むなんて場合にも必ずガス入りのを使うから、ソーダみたいな感じでいただく。

20080702_020816「うちのバスルームに似てる・・・」
と、思わず思ってしまった。というのも、うちのバスルームの洗面台は、イタリアから輸入したこんなような角型で、蛇口も小物も真鍮・・・。ヨーロッパに憧れ、真似してみましたが、本物がここにあった!

20080702_020828「上も開くし、横も開く窓」
見てくださいこのロマンティックなドア。白枠に白レース。のみならず、レバーの向きで横も開くし、上もあくという便利な窓。

20080702_020841「シャワーブース」
これは私の部屋のシャワーブース。バスタブはなかったんだけど、ゆっくり浸かってる暇もなかったからオッケーだった。なんせ五歳児を置いての一泊以上旅。四泊五日が精一杯でした。

20080702_021546「私の部屋から」
これが私の部屋から見えた風景。こう見えてもここは町の中心地なので、すぐ横の一回はエスニックのブティック&インテリアショップで、その隣は本屋さんと、商店街の真っ只中。

初ユーロ!

夜九時半でぼちぼち夕焼け

関連記事

  1. 「三日目にしてカルフォルニア・ガール」

    三日目にして既にカルフォルニアガールの風情を称えるウリ。さすがヤング、順応性が違うね。現地時間1/2…

  2. 海君ち

    海君ちはホテルの裏口から歩いて一分だよ~。駐車場とランドリー、ゴミ捨て場のある地下三階から出るから、…

  3. バイロンニューイヤーイブパーティ

    もともとのヒッピーカルチャーが色濃く感じられるニューイヤーイブパーティ。屋台の食べ物も手作りオーガニ…

  4. 「夕景の桜」

     お見舞いに行った帰りの駒沢公園。すでにお花見客が酔っ払ってた。私にとっては今年の桜は格別。親友…

  5. 我家の七夕

    Uriが「七夕パーティしようよ!」とうるさいので、笹買ってきて短冊つけようと思ったんだけど、近所の花…

  6. 「子供はやっぱりデザート!」

    どんだけ点心類を食べても、子供はやっぱりデザートを注文するんです。この嬉しそうな顔! いやー、も、入…

  7. 「みんなでエールを送る!」

    臨月の妊婦を迎えて、ロータスのメンバーは心浮き立ってしまったのです。まさに、中西さんは今回の合宿のス…

  8. 「井戸様撮影会」

     二十分ほど並んでみなさん撮影しております。鏡のように清んだ井戸で、私が撮影したときは曇っていたのに…

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP