My mother is a belly dancer

20080405_095625_0445香港の団地に住む主婦たちは、いつ頃からスーパーの安売りにしか興味がなくなったのだろうか、いつから、化粧やお洒落をしなくなったのだろうか・・・そして、ベリーダンスは彼女たちを救えるのか?というテーマで描かれた作品だというから、わざわざ香港から取り寄せて見たんだけどさー、悲しすぎるぞコレ!
日本での評判も、「香港版Shall we dance」とかだったので、もっと面白おかしく描かれてるのかなぁと期待してたのに・・・。なんか、タイトルもペドロ・アルモドバルの「All about my mother」みたいだしさ。
確かに、ベリーダンスに出会い、”人生に疲れ果て、夫の裏切りや生活苦で夢も希望もなくなった女たち”が元気を取り戻す、という部分は一ベリーダンスファンとして納得できるけどさ、社会派の監督らしく、あまりにもリアルに描かれた香港の団地妻たちの生活は、日本の私たちから見ると、可哀想過ぎる。
そして、ベリーダンス自体の扱いがまた、「あー、やっぱりこういうシーンがあるんだぁ」とガッカリ。
っていうのもさ、阿木曜子さん監督の「短歌」でも、ベリーダンスで男を誘うシーンがある、と聞き、がっかりするのがイヤで見なかったんだけど、この映画でも、DVDタイトルに大きく写ってる一番
若くて可愛い主婦が、パジャマの夫と衣装をつけて踊るんだよね。枕の並べられた部屋で・・・超しみったれてるんだ、このシーンがまたっ。
この夫がまたさぁ、妻がベリーダンスやってるってだけで許せないっていうコンサバな夫たちの中では唯一、楽しそうに踊っている妻を見て、「家であんな楽しそうな君、見たことなかった。幸せじゃなかったんだね。ごめん・・・」っていうぐらいの純粋な男で、ついにはベリーダンスの衣装まで作ってくれちゃうって職人なんだけど(妻が掃除婦やってたときはその作業着も作ってくれてた)、そんないい職人なのに、仕事がないところが辛い。
みんな子沢山で貧乏。そこへ・・・なんであの、外国人のベリーダンス・ティーチャーが来たのかなぁ。そして、迫害されながらも来続けたんだろう・・・そして、最後のシーンで、全員が豪華なビーズの衣装を身につけ、ベールダンスを踊ってるんだけど、あの衣装、どこから・・・ベリーダンスの衣装って、特にビーズのはお高いのよ(ま、ま、映画ですから)。
この映画、現在日本語訳が進んでるという話だから、リリースされたらご興味ある人は見てみて。

オフィスの隣の神社の桜 2008

ナプキンまで女神!

関連記事

  1. 世界的アンチエイジングの権威と会う!

    ショーシャ博士は故ダイアナ妃の元お抱え医。世界のセレブたち、ジャッキー・チェン、コン・リー、ゴクミ&…

  2. 抱擁の聖人アンマ来日!

    私の本にもよく出てくる抱擁の聖人アンマが今年も来日します。「彼女は、特筆すべき天使です」とシャロン・…

  3. 「G.W.リトリートin霧島Part2」

     今年も村山山荘の近くの滝まで歩いて来ました。去年に比べて水量が多く、大きな滝になっていました。…

  4. 「日本人アーティストによる作品」

    これは、美術館前にある巨大な銅像を、家の中に入れてしまった作品。つまり、銅像を囲む形でそこに家を作っ…

  5. 毎年恒例のスウィーツ

    へっへっ、西さんから、毎年恒例のスウィーツをゲットだぜっ。ひな祭りだから甘いもの食べ放題・・・邪悪…

  6. ハマ吸い

    ハマ吸いは紅白あられ入り。なぜなら・・・ウリちゃんは蛤も食べられないから。お吸い物の向こうは毎年西様…

  7. 「ここは、アラブ?」

     今回は一致団結家族旅行だったのでヨガ修業が許されなかったのですが、一回だけヨガジャーナルの連載取材…

  8. 「Daddy骨折」

     もうすぐギプスも取れるのですが、なんとうちのダディが骨折していました。それも、「スケボーで」という…

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP