Naomiの「サンディエゴ通信」vol.11 アーティスト

ベリーダンススーパースターズのメンバー、そしてトライバルフュージョンと言えばレイチェル・ブライス、その彼女がサンディエゴに仲間のダンサーと、4人のミュージシャンと共にやって来ました。会場はリトルイタリーにあるCasbahと言う小さなクラブ。ドアオープンは8時半でしたが、ショーが始まったのは10時近くで長いこと待たされました。

 サンディエゴ1

サンディエゴ2観客の年齢層もわりと高く、男性も結構いました。驚いた事は日本と同じで、ステージに近い観客は床座りをしていました。 ワインをちびちび飲んでいると、やっとミュージシャンの演奏と共にファーストステージが始まりました。 彼らのスタイルはカントリーブルース、ショーは1920年代のキャバレースタイルを再現していました。そしてとうとうレイチェルがステージに現れ、数年ぶりに見る彼女に感激してしまいました。彼女の踊り、ショーのスタイルは変化しつつ、常に新しいものを生み出し、人々を魅了する姿勢は正にアーティストでした。 

 

アーティストには言葉はいらない、その存在、そして表現する彼らの世界が人々に伝わる。

サンディエゴ3サンディエゴに住み始め、言葉や表現力の壁にたびたび突き当ってしまう私に、レイチェルのショーは何かを教えてくれた気がしました。自分を表現する大切さ、そして熱意があればそのエネルギーは人に伝わる事。 久しぶりの華やかなベリーダンスショーをビジュアル的に楽しみつつ、その奥にあるもっと深いメッセージをキャッチした様な気がしました。ありがとうレイチェル! 

「バリ島からクローブ(丁子)を編んだオーナメント到着!」

「駒沢公園ブルターニュの森状態」

関連記事

  1. 「毒だしハーブ」

     これがその、アラブ人のおばあさんから分けてもらったという毒だしハーブ。ほんとにすごいデトックス力で…

  2. 「鷹匠?」

    このおじさんが鳥使い。鷹だけでなくフクロウとか、色んな鳥を扱うので、鷹匠とはいいがたいけど、バードシ…

  3. ドイツの朝食

    これは私が毎朝食べても飽きなかった朝食。ドイツパンは皮がさくっさくで中ふわふわ。思ったより軽くて香ば…

  4. 「久しぶりに語らうダディとグリンちゃん」

    「グリンちゃん、二年間で日本語下手んなったね」「うん、日本語喋る機会ないからね。増田さんはサーフ…

  5. 米粉を使ったシャケのクリームシチュー

    小麦粉抜き生活三週間目。既存のルーは押しなべて小麦粉が入っていることから、とうとう自分で作ることに(…

  6. 「女性道 これが『あ・た・し』の生きる道 最終回!」

    長野にて四回シリーズで開催されたセミナーも、とうとう最終回となりました。女の幸せってナニ? 女性の賞…

  7. たけちゃんトーク

    ショーの前にたけちゃんとベリーダンスの出会い的お話をみんなで聞きました。もともと、あらゆるジャンルの…

  8. ウリの初パン作り

    ゴールデンウィーク⒒連休。暇を持て余して先週はクッキー作り。そして今日は初のパン作りに挑戦した母…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP