Naomiの「サンディエゴ通信」vol.11 アーティスト

ベリーダンススーパースターズのメンバー、そしてトライバルフュージョンと言えばレイチェル・ブライス、その彼女がサンディエゴに仲間のダンサーと、4人のミュージシャンと共にやって来ました。会場はリトルイタリーにあるCasbahと言う小さなクラブ。ドアオープンは8時半でしたが、ショーが始まったのは10時近くで長いこと待たされました。

 サンディエゴ1

サンディエゴ2観客の年齢層もわりと高く、男性も結構いました。驚いた事は日本と同じで、ステージに近い観客は床座りをしていました。 ワインをちびちび飲んでいると、やっとミュージシャンの演奏と共にファーストステージが始まりました。 彼らのスタイルはカントリーブルース、ショーは1920年代のキャバレースタイルを再現していました。そしてとうとうレイチェルがステージに現れ、数年ぶりに見る彼女に感激してしまいました。彼女の踊り、ショーのスタイルは変化しつつ、常に新しいものを生み出し、人々を魅了する姿勢は正にアーティストでした。 

 

アーティストには言葉はいらない、その存在、そして表現する彼らの世界が人々に伝わる。

サンディエゴ3サンディエゴに住み始め、言葉や表現力の壁にたびたび突き当ってしまう私に、レイチェルのショーは何かを教えてくれた気がしました。自分を表現する大切さ、そして熱意があればそのエネルギーは人に伝わる事。 久しぶりの華やかなベリーダンスショーをビジュアル的に楽しみつつ、その奥にあるもっと深いメッセージをキャッチした様な気がしました。ありがとうレイチェル! 

「バリ島からクローブ(丁子)を編んだオーナメント到着!」

「駒沢公園ブルターニュの森状態」

関連記事

  1. キャットショーに行ってきました①

    ジャパンリバティのキャットショーに、うちのパンダちゃん出陳しました!里のお母さんが全てお膳立てし…

  2. 新刊でました!

    新刊でました!「50歳からの自分メンテナンス術」(大和書房)。常々、「私…

  3. 今月の御言葉~三月 By Shoko Murayama

    ここ一ヶ月は、”ぶり返し”のエネルギーが満ちています。三浦容疑者がいまさらながらに捕まったりするのが…

  4. 川の水

    川の水はほら、こんなにきれい。ハヤの子供とかもいて、あ~、自分の小学生時代を思い出しちゃったなぁ。小…

  5. Carne de Porco a Alentejana

    代表的なポルトガル料理、アサリと豚肉とジャガイモの焚き合わせ。意外な組み合わせでびっくりだけど、豚肉…

  6. 「これがそのエスカレーター」

     あなたは、登れますか? 長過ぎててっぺんが見えない!!!…

  7. 牧草地帯をドライブ

    バード・アイブリングから牧草地帯を四十分ほど山のほうへドライブ。…

  8. 「インド人学校の運動会」

    ウリの通うインド人学校にも、なんと運動会があります。近所の公立小学校校庭を借り、ハウス(縦割りのグル…

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP