チベット瞑想初体験!!

画家であり、ヒーラーの伊藤由美子さんをお招きして、「チベット瞑想とマントラリーディングの会」が催されました。

主催者の私も、もちろん参加(^^)/

南インドのチベット僧院で修業をされた伊藤さんの、「チベット瞑想」とはいかなるものか?

ワクワクで当日を迎えました。

ロータスのスタジオにムートンを敷いて、グル(導師)の伊藤さんに座っていただきました♡

子宮筋腫と不妊で悩んでいた三十代の頃、セドナやバイロンベイ、マウイなど、海外のパワースポットを巡り、いろんなグルのワークショップに出ていました。

海外ではどこも、リラックスした雰囲気で、フレンドリーでオープンな形で、誰でも受け入れてくれます。

プライベートな場所で、お茶やお菓子をいただきながら、楽しく学べるんです。

怪しい宗教勧誘みたいなものはなく、参加費もお手頃。

それでいて、知的好奇心とスピリチュアルな学びはハイクラスに満たせる。

そういう満足感が欲しくて、ここ、精神的不毛地帯Tokyoに、聖なる蓮の花「シークレットロータス」を設立したのです。

なので、今回、伊藤さんをお招きできたのは、久々にロータスらしいイベントができたなと、私の魂が満足しちゃいました♡

一時間半のプログラムで、瞑想をずっとするのかと思いきや、一時間はお喋りでした( ゚Д゚)

伊藤さんいわく、

「みなさん瞑想というと、目をつむってじっくり呼吸に意識を集中して、と思われがちですが、チベット仏教では瞑想は、”仲良くすること”なんです」

ええっ、仲良くすること?!

「ご自分の魂と仲良くすることだから、お喋りでも、散歩でも、食事でも、やり方はなんでもいいんですよ。実際、今こうやってお喋りをしている間にも、浄化は進んでいる」

えええーーー!!!

「つまりこれ、御自分の中の、天と地をつなぐパイプをね、お掃除するのが瞑想なんです」

と、棒をパイプに例えて説明するグル。

「パイプスルーが瞑想なんです。詰まってると、神様からのエネルギーが循環しづらいからね」

なーる、なーる、なーる、と、すんごく納得してしまった私。

私の「ベリーダンス健康法」でも、最初のリチュアルで、天と地の「気」を頭からつま先まで通し、心身浄化するんですが、あれは、

なんと「瞑想」だったんだーーー!

今回、ロータスで瞑想会をするにあたって、なにをしたらいいかも天から指示が降りて来るグル。

ロータスという「場」に降りて来た「使命」は、「祈り、遊ぶ」なんだそうです。

まさにまさに!  ロータスはそのために存在しているんです。

皆様が「幸せ」に、「美しく」、「健康」で、「楽しく」人生を送れるよう、祈り、一緒に遊ぶ「場」♥

で、今回は、そのテーマに合った方が集まったそうで、参加者それぞれにマントラ(お経)を用意してくれました。

お経は、唱えるだけで浄化が進み、言霊パワーでお守りにもなってれるというスグレれもの。

日本のホツマツタエ(神代文字)、カバラ(ユダヤ密教)、チベット仏教、不動(サンスクリット語)などから、今日の参加者に合ったものが降りて来て、手描きカードで準備されていました。

実際にどれがどのカードかというのは、トーキングスティック(前述の棒)をつかって、

「このマントラを一番上手に使うには?」

という質問を神様にして、メッセージを受け取り、

それぞれが「すべて受け入れる」意思表明を神様にしたのち、配られました。

これが私のマントラ♥ブッダです(^^)/

最後に自分のマントラを、グルがチベットベルを鳴らすまで唱え続けるという、初めてワークショップっぽいものになり。

そこにタイミングよくか悪くか、夕飯の約束をしていた娘が入ってきて、のちに、

「やべーとこ入ってきちまったわ」

と・・・。直前までは楽しいおしゃべり会だったんですけどね。

いやしかし、伊藤さんはホンモノだったわ~。

本人、病弱で寝た切りだったのに、数々の修業のち、五十代まで生き延びていて、その「お役目」を果たしていないと、いますぐにでも死んでしまうぐらいの体なのに、ゲンキ。

チベットベルは実際に修業を終えた僧院で授与されたもので、その音は、今まで聞いたことのない、美しさでした。

太古の昔、日本では、あわうたや和歌で国を統治していたぐらい、言葉=音にはパワーがある。

そのことを、久々に思い出させていただきました。

で、私のマントラを上手に使うには、「全て忘れること」。

やはり「無心」になることが、「浄化」のコツなんですね♡

チベット瞑想会

ロータスライナーできました(^^)/

関連記事

  1. 田んぼのあぜ道

    ダディに連れられて、生まれて初めて田んぼのあぜ道を歩くウリ。私も何十年ぶりかで歩いたなぁ。結構チ…

  2. 本日のスペシャル

    これは本日のスペシャル、レモングラスの串に刺したサテ、小松菜炒め添え。自家製のサンバルも美味しく、辛…

  3. 「村山家の温泉」

      これが、村山さんのお父さんが掘って、敷地内から湧き出た温泉。そのあと旦那さんが浴槽を作っ…

  4. 「HABUの躾&着付け教室2011夏」

    あつ~い夏。久々に着付け教室をのぞいてみました。七月、八月は薄物(夏用の着物)か浴衣。あべちゃんは着…

  5. ホテル犬

    これはここのホテルの犬。名前はスニ。もう一匹、黒いワンがいて名前はデサ。二匹でデサ・スニ、ホテルの名…

  6. 浮き輪に二人乗り

    これはウリとトコが浮き輪に二人乗りして流れているところ。下手にダディが待ち構えているので安心です…

  7. 「花弁の中で童心に戻って踊る面々」

     ロータスのデザイナー鈴木ゆみこさんがどっかからもらってきてくれた薔薇の花弁で遊ぶロータスの面々。い…

  8. 「巨大オーナメントご開帳!」

    シンガポールCHANGIエアポートには、そこここに巨大なオーナメント(クリスマス飾り)が置いてあり、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Secret Lotus

 
 

 
 

※ページが開かない方へ
スマホで閲覧の方はOSを最新バージョンにしてください。パソコンで閲覧の方はブラウザをGooglechromeに変更してください。

一般社団法人 日本大人女子協会

日本大人女子協会ツイッター

最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP